ついに長男にも、思春期というものが訪ねてきたようです。

ひろゆき

最近、長男の様子があきらかに変です。

語りかけても上の空。

聞いてるような、聞いてないような。「分かった」と返事はするものの、まったく聞いていなかったことが分かったり。

先日も、食事中に手がコップにぶつかって牛乳をぶちまけたり。

紅大豆を煮ながら、「どうしてだろう」と。

サラダの準備をしていたら、自分が中学生だったことを思い出しました。

なんだか不安定で、なぜだか不安定で。

とても悲しくなって暗がりの庭へ、ベランダにすわり涙をうかべて、飼っていた犬になぐさめてもらったことを思い出しました。

「あっ!」

ふたごの息子たち。

歯の生えかわりなど、体の成長はいつも次男が早かった。そうだった、そういえば昨年の夏、次男がボーっとしていたぞ。

語りかけても上の空。

聞いてるような、聞いてないような。

ケールサラダにドレッシングを和えながら、ようやく気がつきました。

「長男にも、思春期が訪ねてきたのか!」

ようこそ思春期、ありがとう思春期。

一足先に思春期をむかえた次男は、心のコントロールが上手になってきたのか、どうやら視野が広がって気の利く男になってきましたよ。

長男へ。

紅大豆、大根、わかめ、すりごまを入れたケールサラダを用意しました。

心と体にしっかりと栄養をとどけてね。