「広告代理店のみなさまへ」

働き者は損をする?

ある日の会話。。。

私:「朝カエルが窓に張り付いててギャーだったよ」

友人:「田舎ではね、スポンジに洗剤を含ませたら泡がたったっていうくらい当たり前のことだよ」

ふーん、と思ったけど虫はキライ。カエルもキライ。

 

洗濯物を干していると私の足にもぞもぞとするものが。

あり、あり、蟻。きもちわる~い。

だけど、ありなんて可愛いうち。

うすっぺらーくなって潜んでいるクモと戦ってから洗濯物を干すのが私の日課です。

ここ3年くらいでこの作業にも慣れたもので

「えいやー、ほりゃぁ」

とクモたちを追い出しては洗濯物を干します。

 

私の足の上を散歩中のアリたちをよーく観察してみると、

くたばってしまったアブをアリたちが囲んでいました。

”ありとキリギリス”

ご存知の通り、夏の間に頑張って食べ物をはこんだアリたちが冬に優雅に過ごすお話ですね。

しかし、このアリたち食べ物を運んでいるかと思いきやみんなでその場でお食事中。

アブがどんどん小さくなっていきます。

食べ物を運んでいる蟻を探す方が大変です。

そうすると

こうなるんじゃないかと。

蟻って働き者のイメージしかないのに頑張って運んでいる蟻がかわいそうです。

蟻の世界もうまいこと働いてその場をしのぐ。私みたいなのがいるんですね。

洗濯物を干して働いているように見えて、実は座ってアリをじーっと観察してるさぼりマン。

 

ただね、アリさんよ、洗濯物は干さないと乾かないんですよ。。。