「広告代理店のみなさまへ」

抗うほどに悲しくて、流れていると、心地よさに気づきもする。

昨日、あれだけ晴天だったのに。
土砂降り、通り雨になった。

空にかかった二つの虹を見上げたあと、
庭先の真っ赤なトマトに目を落とす。
また近所の子がツマミ食いに来たので、
「農薬をまいたばかりだよ。」
とウソをついて遠ざけた。

だれもいない菜園で、
枝豆の三度目の収穫をおこなって、
ついでに初収穫のゴーヤも摘んで、
カラスにつつかれたスイカに目をやった。

採れたての夏野菜で彩られた晩餐。

順番に国名をいうゲームが盛り上がり、
都道府県ゲームもはじめたところ、
宮城県のつぎに娘がさけんだ
「さーびすけん!」に緊張はほぐれ、
ドッと笑いがおきた。

台風のこない7月。
めずらしく咲いた笹の花は、
冷夏の、大凶作の知らせだと聞いた。

朝雨のおかげで、
今日は心地のいい風が吹いている。