【News】WEBサイトの全面リニューアルを実施いたしました。

雑穀でも酵素ダイエット!?青汁業界と似すぎてて吹きだした!

雑穀でも酵素ダイエットが流行っていて、思わず吹きだしました。

だって、

青汁とネタおなじ

なんだか青汁に二番煎じに見えて楽しかったです。

興味本位で雑穀の酵素ダイエットについて調べてまとめてみました。

雑穀の酵素ダイエットとは?

麹による生酵素

雑穀の酵素ダイエットとはつまり、

  • 雑穀麹にふくまれる酵素を生のままサプリメント化
  • 生酵素が糖質や脂質を分解

そのため、食べるだけで痩せると話題になっています。

テレビ通販によってはドロドロのでんぷんを用意して、雑穀麹の生酵素を入れて

混ぜたらサラサラに!

と紹介しながら、まるで体の脂質が溶けるようにイメージ宣伝しています。

そりゃサラサラになりますよね、消化酵素が活きているんですから。

生酵素では痩せない

問題は、飲んでも消化酵素が活きているか。

酵素はタンパク質のひとつなので、飲めば胃酸で活性は失われるし、消化分解されてバラバラになります。

水分をのぞけば、骨や血管、臓器、肌、髪の毛や爪にいたるまで、体のほとんどはタンパク質でできています。

飲んでバラバラになった生酵素は、吸収されて体の一部になります。

だから酵素が活きていようが関係ないですし、そんなにタンパク質を補いたいなら肉や魚のほうがコスパがいいですよね。

生酵素と体内酵素

生酵素で体内酵素は増える?

テレビ通販でも、

  • 体内酵素は年齢とともに減ります!
  • だから生酵素を飲みましょう!

と宣伝していますが、たとえば唾液(だえき)だってアミラーゼという糖質を分解する酵素です。

生酵素を飲めば体内酵素になるのなら、

  1. 唾液を飲み込こむ
  2. 腸で唾液として吸収される
  3. 唾液が血流にのって口へ移動
  4. ふたたび唾液として利用される

ということでしょう?

そんなことあるわけがないですよね。

生酵素の活かし方

生酵素は本来、飲んで役立てるものではありません。

飲んでしまえばタンパク質としての栄養価値以外に効果はないので。

それよりも生酵素は、食材に変化を与えて役立てるものです。たとえばパイナップルやたまねぎ、塩麹などに肉を漬け込むと柔らかくなりますよね。

西京漬けも、白みそには米麹の割合が高い特性を利用しています。

そうした、

酵素は食材に変化を与える

という事実が、

体内脂肪にも変化を与える

と都合のいいように利用されています。

雑穀は雑穀として楽しむ

酵素商品は横展開してるだけ

そんなに酵素が優れているなら、酵素として販売すればいいだけなんですが、きっと酵素市場は飽和してるんでしょうね。

だから雑穀という大きな市場を利用して、酵素を売り込む。

じつは同じように青汁も、

酵素で痩せる青汁

というのがあります。

そのうちスムージーにも横展開するんだろうなと思っていたら、

酵素で痩せるスムージー

というのが販売されはじめて、しまいには

野草酵素でダイエット

と野草にまで浸食しはじめました。

いずれにも共通するのは、

  • 雑穀自体には価値がない
  • 青汁自体には価値がない
  • スムージー自体には価値がない

あくまで「酵素は痩せる」というイメージだけで人気商材の名前を借りているだけです。

肥満のほとんどは食べ過ぎが原因なので、「飲むだけで痩せる」に惑わされず、雑穀米で食べ過ぎを抑えたほうがいいんじゃないでしょうか。

お米に頼らない雑穀の通販ページ「ちょらの雑穀」

さて、ちょらの雑穀でもチンしてこよっと。