ハイキング後の打たせ湯、そして鶏刺し&地酒で夜がふけていく。

子育て後の放浪人生をめざす、にっぽん妄想ツアー2日目。

場所はひきつづき三愛オートキャンプ場@阿蘇(あそ)です。

きょうの朝ごはん

きょうの朝ごはんは、これにしよう!

Scrambled egg スクランブルエッグ #スキレット

Satoshi Nagayasuさん(@snaga2003)がシェアした投稿 –

とってもおいしそう。

スクランブルエッグをつくってソーセージを焼いてるのかな?

ソーセージを焼いてるところに卵液をながしこんでるのかな?

こんど自分で焼いてためしてみよう。とりあえず、放浪人生するならソーセージをいつも持ち歩いたほうがよさそうだ。

AM9:30 みそこぶし山へ出発

せっかく九州一の登山スポットに来ているのだから、登山しよう!

といっても、3時間ほどで帰ってこれるハイキング程度ですけどね。こんなに暑いとガッツリ登山する気がおきなくて。

いざ、しゅっぱつ!

ここから16分、あっという間ですね。

頂上についたら、キャンプ場ちかくのコンビニ(ヤマザキショップ)で買った軽食をたべて、のんびり下山しようかな。

「みそこぶし山」の情報源

PM13:30 「筋湯温泉」で打たせ湯

下山したら、かるく汗をながすために温泉へ行こう。

行き先はこちらの打たせ湯。


ハイキング後の打たせ湯、最高ですね。

汗を流したら、ひそかに楽しみにしていたアレを買いに行く!

PM14:30 「竹やぶ」で鶏刺しを調達

周辺情報をしらべていたら、なんと近くの日田(ひた)という地域では鶏刺し文化があるらしく、買いに行くことにしました。

九州だと南中心だと思っていたけれど、中九州にも鶏刺し屋があるなんて!

お刺身が好きだから、行くっきゃないよね。

ほんと、鶏刺し屋さんは貴重だよね。

鹿児島と宮崎はまだ大丈夫だけど、熊本はもう保健所が完全NGらしくて、鶏刺しを販売してくれる店は壊滅状態。

鶏刺し屋があるってことは、大分県は保健所が容認してくれてるってことだよね。ひょっとして、大分県内にはほかにも鶏刺し屋があったりして!!?

世界探しても生肉を食べる文化なんて希少価値が高いんだから、これからも未来永劫、この生食文化がつづきますように。

「竹やぶ」の情報源

鶏刺しだけじゃなく、BBQ用の地鶏も販売されているようだから、今晩は地鶏パーティといこう!

くぅー!!!最高や!

帰りは「吉住酒舗」というお店で地酒を買って帰ろう。

妄想なのに、ヨダレがでてくるのが悲しい。

あたまの中で、素敵な夜がふけていく。