どれだけ探しても、乾麺は「蕎麦もどき」しか手にはいらない。

からだに良い麺さがし

蕎麦(乾麺)の現実

「手打ちのような乾麺の蕎麦はないかな~。」

「人気の乾麺蕎麦をかたっぱしから食べようかな~。」

なんて気楽に「蕎麦らしい乾麺No.1探し」をはじめたけど、どうやらそんなものはこの世に存在しないことを、この記事と出逢っておもいしらされました。

参考 きちんと蕎麦の味のする乾麺を作りプロジェクト築地鰹節 伏高

この記事によると、

  • 乾麺にする工程で繊細な風味が失われやすい。
  • 蕎麦の風味を活かすとノドごしを失う。
  • ノドごしを活かすと蕎麦の風味を失う。

どれだけお金をかけても、うまい蕎麦屋の「風味+のどごし」にはかなわない。

とはいえ、まずは実食を。

実食する蕎麦えらび

はじめたばかりの「からだに良い麺さがし」。

うどん、中華麺、パスタなど、いろんな麺のなかでダントツで栄養豊富な蕎麦。

本格的な蕎麦を気楽に!

そう思って乾麺の蕎麦を探しはじめたけど、どうやら本格的な乾麺の蕎麦はない。

でも本当にそうなのか?じっさいに食べて体験することにしました。

1.伏高の十割蕎麦

手打ちそばの風味にちかづけることを目的にした蕎麦。

乾麺の蕎麦で「風味重視」にするとどうなるか参考にしよう!

2.星野の小諸七兵衛

マツコの知らない世界で、そば好きな方が紹介されていた蕎麦。

蕎麦粉の比率40%なので風味はもちろん、栄養価も理想から離れてしまうけど、手打ちの「のどごし重視」だとおもうので参考にしよう!

「風味重視」と「のどごし重視」、それぞれの最高峰を食べくらべることから「からだに良い麺さがし」をはじめまーす。