Read Article

旨い水を求めてウォーターサーバー&浄水器(整水器)比較!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20150615

おいしい水を手軽に飲みたい!

青汁を愛飲して気づいたんだけど、水によって味わいが変わってくるんです(当たり前か!?)。なので、いつもは煮沸した水道水を1.5リットルポットに入れて、野菜室(一番おいしく水が飲める温度帯らしい)に入れて常備しています。

参考:初めて「青汁 効果」で検索したら凄い効能ばかりで驚いた!

でもね、たまに湧き水なんか飲んだりすると、

「なにこれ!?うまいっ!」

って思うんです。てっきり湧き水はミネラルウォーターだから美味しいと思っていたのですが、実は水道水も湧き水と同じミネラルウォーターなんだそうです。

参考:水道水とミネラルウォーターの違いについて(福岡市水道局)

20150615-2

(図:福岡市水道局より)

福岡市の水道水は、軟水に区分されます(下の表を参考にしてください)。市販されているミネラルウオーターには成分が似ているものもあり、温度が同じでカルキ臭がなければ、水道水とミネラルウォーターの味の差はほとんどありません

水道水はミネラルウォーター、だから塩素を抜けば湧き水と同じ味のはずなんです。でもね、やっぱり湧き水はいつ飲んでもやっぱり美味しい。ひょっとして水道水を煮沸しても塩素が抜けないのかな、とも思ったのですが、

参考:水道水中のトリハロメタンの煮沸除去に関する研究(美作女子大学、PDFデータ)

東京、津山(岡山県)水道水のどちらの試料も加熱とともに残留塩素濃度はなめらかに減少し、100℃でほぼ水道中から消失した。
東京都水道水試料では、煮沸後2分で未加熱水道水中の全THM(トリハロメタン)濃度の0~33%、4分で0~10%、6分で0~2%となり、4分でほぼ消失した。津山水道水試料では2分で未加熱水道水中の全THM濃度の7~11%、4分で0~31%、6分間で0~13%、8分で0~6%となり、6分でほぼ消失した。

このデータを見ると、

  • 水道水中の塩素は沸騰するとなくなる。
  • トリハロメタン(過剰摂取で毒性)は4~6分沸騰させるとなくなる。

という結果になっているので、煮沸したら水道水から塩素は抜けてるみたいです。でもでも!水道水より湧き水の方が美味しいんだよなぁ、と思っていると広島市水道局がこんな情報を提供してくれていました。

参考:水道水がおかしいとき(広島市水道局)

20150615-5

(写真:広島市水道局より)

症状:赤水が出る
原因:水道管に発生した鉄さびが原因。

20150615-4

(写真:広島市水道局より)

症状:黒くて硬い粒状の異物が出る
原因:水道管に発生した鉄さびが剥がれ落ちる

20150615-6症状:藻のような臭いがする
原因:高置水槽の管理が不十分な場合、まれに内部で藻類が繁殖する

つまり、水道局が浄化したばかりの水道水は、煮沸して塩素を取り除けば天然ミネラルウォーターとまったく同じ。なんだけど、蛇口から出てくるまでの水道管や貯水槽(アパートやマンションなど)の状態によって味や臭いに影響がでるということ。

水道管や貯水槽など、実際に開けてみることができないだけに、自宅の水道水がどれほど汚染されてるかは分かりません。きっと定期的にメンテナンスはされているだろうし、よほどのことがない限り大丈夫だと信じてはいるけど、目で見て確認できないだけに不安はなくなりません。

だって、現に煮沸した水道水より湧き水の方が美味しく感じるし。

迷った末に、いつも安心して美味しい水を飲むために、ウォーターサーバーもしくは浄水器(整水器)の利用を決心しました!迷いに迷った過程をまとめてみました。

ウォーターサーバーは、どれが賢い選択?

不安なく美味しい水を飲みたいと思って、真っ先にうかんだのは「ウォーターサーバー」です。でも調べるほど、サービスがありすぎて迷いました。それぞれの特徴や価格、評判をふまえて検討した経緯をまとめました。

浄水器(整水器)は、どれが賢い選択?

水道管や貯水槽で汚染される可能性があるとはいえ、浄化されたばかりの水道水は天然ミネラルウォーターと変わりません。そうであれば、不純物をろ過できさえすればウォーターサーバーと変わらないはずで、むしろコストが安くつく浄水器の方が良いのではないかと思って検討した経緯をまとめました。

そして最終的に選んだのは「BIB(バッグインボックス)温泉水」

最初はウォーターサーバーと浄水器(整水器)しか頭になかったけれど、衛生面で心配になって迷いに迷った時、たまたま知ったのがBIB(バッグインボックス)という選択肢。最初は「こりゃないなー」と思っていたけど、調べていくうちにウォーターサーバーや浄水器(整水器)のデメリットを解消できることが分かって、この度めでたく愛用することなりました。

なにがいいって、安全性はもとより「とにかく旨い!」これに尽きます。BIB(バッグインボックス)のほとんどは温泉水なんですが、ウォーターサーバーや浄水器(整水器)でろ過した水よりも圧倒的にまろやかで甘くて美味しいんです(温泉水にもよるけどね)。

いろんな温泉水を試した感想をまとめてみましたので、参考になれば嬉しいです。

おかげさまで、ちょらの青汁も美味しくいただけてます(笑)。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top