Read Article

オーツ麦(オートミール)の栄養成分はまさに「穀物の王様」

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

Oatflakes in a bowl on wooden background
ミューズリーやグラノーラの主原料とえばオーツ麦。

オーツ麦は穀物の王様といわれるほど、栄養価に優れた食材なんだそうです。でもそれって本当なの?オーツ麦がほかの穀物と比べて栄養価が高いのか、実際に調べてみました。

比較する穀物は全部で5種類

今回、比べてみたのは5種類の穀物です。

  1. こめ(白米)
  2. 強力粉(精白)
  3. こめ(玄米)
  4. 強力粉(全粒)
  5. オーツ麦

※オートミールとは、オーツ麦をすり潰した状態のもの。

それぞれの穀物100gあたりの栄養価を比べてみました。比べる栄養価は「カルシウム・鉄・亜鉛・ビタミンB6・パントテン酸・食物繊維」6種類。比較的、穀物に豊富な栄養素を調べています。

カルシウムの比較

カルシウムの成分量比較

カルシウムは、オートミールが最も豊富に含まれているようです。

鉄の比較

鉄分の成分量比較

鉄も、オートミールが最も豊富に含まれているようです。

亜鉛の比較

亜鉛の成分量比較

亜鉛は、全粒の強力粉(全粒粉)が最も豊富に含まれているようです。

ビタミンB6の比較

ビタミンB6の成分量比較

ビタミンB6は、玄米が最も豊富に含まれているようです。

パントテン酸の比較

パントテン酸の成分量比較

パントテン酸は、玄米・オートミール・全粒の強力粉(全粒粉)に豊富に含まれているようです。

食物繊維の比較

食物繊維の成分量比較

食物繊維は、全粒の強力粉(全粒粉)とオートミールに豊富に含まれているようです。

栄養成分を比べた結果

オートミールに豊富に含まれていた栄養成分は、6種類の中で以下の4つです。

  • カルシウム、鉄、パントテン酸、食物繊維

全粒の強力粉(全粒粉)に豊富に含まれていた栄養成分は、6種類の中で以下の3つです。

  • 亜鉛、パントテン酸、食物繊維

玄米に豊富に含まれていた栄養成分は、6種類の中で以下の2つです。

  • ビタミンB6、パントテン酸

オーツ麦(オートミール)・全粒の強力粉(全粒粉)・玄米ともに、精白していない分どれも栄養価は豊富ですが、最も栄養成分が豊富だったのはオーツ麦(オートミール)でした。オーツ麦が穀物の王様と呼ばれるのも分かる気がします。

逆に白米や食パンなど、精白してしまうと栄養価が大きく損なわれることも分かりました。こうしてみると、

  • 栄養成分も豊富で、
  • 玄米のように炊く必要もなく、
  • パンのように発酵して焼く必要もなく、

そのまま食べられることが、グラノーラが人気になった理由なんでしょうね。これからもグラノーラを楽しんでいこうと思います。

≪追記≫
その後、健康のためにグラノーラ生活を続けていると体重も体脂肪率も増加してしまいました(参考:太るフルーツグラノーラよりダイエットには朝粥が効果的!?)。グラノーラは食事の代わりというよりも、健康的なお菓子として考えたほうが良いように思います。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top