Read Article

冷凍青汁と粉末青汁とでは、どっちが栄養価が高くて効果あるの?

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20140716

青汁を飲んでいたら誰しも思うこと。それは、冷凍と粉末ならどっちがいい青汁なのか?

冷凍と粉末の両方を販売している大手企業などでは、栄養価を比較するなどして、ほぼ互角だと読み取れるように説明してたりします。また、青汁ランキングサイトでは「栄養価や効果は同じだから使い勝手のよい粉末を購入しましょう!」と誘導していたりもします。

果たして、冷凍と粉末はどう違うのでしょうか?

とりあえず栄養素で比べてみると・・・?

きおっちょら農園で販売している下記青汁を例に、熱などで壊れやすい「葉酸」で比べてみます。

粉末青汁

【商品名】ちょらの青汁
【価格】8800円(93杯分)
【1杯あたりの価格】94.6円
【1杯あたりの葉酸値】30.8μg~69.3μg

冷凍青汁

【商品名】マイケール冷凍青汁
【価格】9900円(30杯分)
【1杯あたりの価格】330円
【1杯あたりの葉酸値】158.4μg~356.4μg

粉末と冷凍の比較【まとめ】

1杯あたりの「価格」および「葉酸量」を比べたところ、

  • 冷凍は粉末に比べて、「価格」が3.7倍高い
  • 冷凍は粉末に比べて、「葉酸」が2.3~11.5倍多い

という結果になりました。

つまり、栄養と価格だけをみると冷凍青汁の方がコストパフォーマンスが高い傾向にあります(青汁は自然食品のため、栄養価の季節変動が大きいため一概にはいえませんが)。その半面、冷凍青汁特有のデメリットとして、

  • 解凍して準備するのが面倒くさい。

ということがあります。使い勝手も含めて考えると、

  • 日常生活では粉末青汁を飲む。
  • 野菜が不足してる日や疲れが溜まった日は冷凍青汁を飲む。

のように粉末と冷凍を使い分けていただけると、経済的負担もより少なく青汁生活を楽しめるのではないでしょうか。

なお、青汁健康法を実践される場合には、必ず初めて「青汁 効果」で検索したら凄い効能ばかりで驚いた!もご確認いただき、青汁効果を正しく理解することをおすすめします。

いたずらに健康不安を刺激する広告宣伝に惑わされず、青汁を日々の健康管理にお役立てください(下記の青汁比較情報も参考になれば嬉しいです)。

参考:青汁ランキングの口コミ比較!無添加の人気がない理由とは?

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top