Read Article

人参ジュースは酵素が大切!って本当なんだろうか・・・

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20140617

人参ジュースについて勉強していたら、ゲルソン療法にたどり着いたのでまとめてみました。で、ゲルソン療法をはじめ、人参ジュースってやたらと「酵素が生きてる!」とか「酵素が大事!」などの話が多いので、ちょっと考えてみました。

そもそも人参ジュースに含まれる酵素ってなに?

やたらと「酵素!酵素!」と目にするので調べてみたけど、具体的な説明がなにもない。

困ったなぁと思ってウィキペディアで人参を調べたら、生人参にはアスコルビナーゼ(ビタミンC分解酵素)が含まれている、という記述を発見!

つまり生人参ジュースを作るときは、リンゴをはじめ果物と一緒に混ぜるとビタミンCが失われるから要注意ってこと。ってこれ、酵素があることで、かえって邪魔してない?

結局、「生ニンジンジュースは酵素が生きてるから良い!」なんていっても、裏付けとなるデータなんてないと思う。おそらく「酵素を摂ることで、酵素が補われる」という説から、こうした話へ転じてるんじゃないのかな。

酵素って飲んでも体内酵素にならないよね。

以前、青汁と酵素について調べたときもそうでしたが、酵素って飲んでも体内酵素にはなりません。

酵素はタンパク質なのでアミノ酸に分解されるだけです。その後、吸収されて何に使われるかは遺伝子次第。こんな単純な話を、なぜ無理に体内酵素と結びつけるのかが分かりません。

酵素とともによく目にするのが、「加齢とともに酵素が失われるから代謝も落ちる!だから、酵素を飲もう!」という話。でも、それが加齢でしょ?だから食事量が減って、量より質(食材のバランス)を楽しもうとするんでしょ。

減った酵素を増やしたいって、30歳・50歳・70歳になっても10代のような大食らい生活に戻ることに、そんなに憧れてるんだろうか。

そりゃ酢豚にパイナップルをいれることで、パイナップルのタンパク質分解酵素によって肉が柔らかくなるなど、調理時に酵素を活用することで役立つこともあります。

でも、そんなに酵素!酵素!っていうほどのもの?何度もいうけど、酵素は飲んでしまったら意味がありません。んー、なぜ酵素!酵素!っていうのか、本当によく分からない。

謎です・・・。ま、酵素を信じてる消費者が多いから、「酵素が身体に良い!」といえば売れるからなんだろうけれど。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top