Read Article

この冷凍青汁は素晴らしい。個人的に一番のおすすめがこちら!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20140605

市販されている色んな冷凍青汁を試飲してきた結果、ようやく一番のオススメ冷凍青汁にたどりつけました!

※過去の冷凍青汁を比較した記事はこちら。

ということで、あれこれ勝手に調べてみましたが、ようやく個人的に一番おすすめの冷凍青汁にこぎつけました。

ということで、早速プレミアムエビスのグラスで祝杯です!もちろん中身は冷凍青汁(笑)。3月頃に搾った青汁がまだ残ってた!やっぱり冬搾りの青汁は甘くて「うまーーーっ!」いや、ホントに。

おすすめの冷凍青汁って、どんなの?

いろんな冷凍青汁を飲んできた中、最も濃くて美味しいと感じたのが遠藤青汁のマイケール180です。

マイケール180

福岡県産の有機栽培ケールを使用して、水を加えるなどして薄めることなく時間をかけて搾りきった緑汁を急速冷凍しています。常に新鮮な青汁を提供できるように時期を分けて栽培しているため、購入するたびに青汁の味わいが変化します。夏はノドがえぐれるほど苦いのに、冬は果物を思わせる甘みがあり、同じ青汁とは思えないほどの変化です。

許可をいただいて試しに栄養分析したところ、たったの1杯で葉酸が198μgも補えることが分かりました。有名な野菜ジュースと比べても、その栄養価の高さは目を見張るものがあります。

  • 野菜生活(カゴメ)・・・葉酸値1~12μg
  • 野菜一日これ一本(カゴメ)・・・葉酸値10~83μg
  • 1日分の野菜(伊藤園)・・・葉酸値4~75μg

※栄養価のバラつきがここまで大きいのは濃縮還元だからかどうかは分かりませんが、1μg~10μgしか含まれていない野菜ジュースにあたらないことを祈るばかりですね。

冷凍青汁と粉末青汁の使い分けはどうする?

でも冷凍青汁で大変なことが、飲むためには水やぬるま湯で手揉みしながら解凍しなければならないってこと。

面倒でない方なら毎日継続して飲んでいけると思うけど、やっぱり毎日は面倒だって方もいます。そんな方は、基本は粉末青汁を継続利用いただきながら、余裕があるときに冷凍青汁を準備する。といった利用法がおすすめです。やっぱり時間や場所を選ばずに、手軽に飲める粉末青汁は手放せません。

粉末タイプの青汁をご愛飲の方も、一度は冷凍青汁の美味しさも楽しんでみましょう。

冷凍青汁ならマイケール180(遠藤青汁)がおすすめ

冷凍青汁ならマイケール180(遠藤青汁)がおすすめ

【原材料】ケール
【内容量】1袋180ml(約200g)
【1杯あたり】38kcal、糖質7.0g、葉酸198μg
流水またはぬるま湯でもみ込みながら溶かすと早く解凍できます。

マイケール180 30袋入り9,980円(税抜)
tanpin

【お試し】マイケール180 15袋入り5,800円(税抜)
tanpin

※表示価格には別途、消費税がかかります。
※お支払いは「クレジットカード」「代金引換」からお選びいただけます。送料は当店で負担(沖縄・離島は別途連絡)、代引手数料も当店で負担いたします。青汁原材料は「福岡県にて有機栽培されたケール」のみ使用し、添加物を徹底的に除去して製造しています。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top