Read Article

価格の安いキューサイとファンケルの冷凍青汁を比較してみた!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

reitou_KF

価格の安い順に冷凍青汁をランキング形式で並べた結果をふまえ栄養素比較をするにあたって、まずは販売価格の安い大手2品(キューサイ、ファンケル)を比べてみました。※宝ヘルスケア社の明日葉ストレート(冷凍青汁)も比べたかったのですが、栄養成分情報が全くなかったので、比較対象から外しました。

まずは基本的な栄養成分から!

K vs F

基本的な栄養成分は、ほぼ同じ。それにしても、1袋90gのキューサイに対してファンケルは1袋100gで3,950円(税込・送料込)です。価格だけみるとファンケルのコストパフォーマンスが光ります。

つづいてビタミン・ミネラルの比較!

それぞれ公開している栄養素はことなりますが、両者で重なっているビタミン・ミネラルを比較してみました。

K vs F VM

おそらくファンケルさんの方が綿密に分析しているからだと思いますが、ビタミンC以外は範囲表示しています。ちなみに、ビタミンCは両製品とも合成ビタミンを添加しているので、今回は比較対象外にしています。

ビタミンC以外で比べると、目立ってファンケルが優位なのはビタミンKくらい。それ以外は、なんとも甲乙つけがたいです(しいていえば葉酸もファンケルかなぁ)。

そう考えると、栄養価は互角だけど価格の安いファンケルの冷凍青汁がおすすめかな、という結果に。

味わいは両者に違いが!

価格差があるので栄養価にもっと違いがあると思っていたので意外でした。栄養素だけで考えればファンケルなのですが、冷凍青汁は粉末青汁とちがって、1年を通して味わいの変化が出やすいのも特徴のひとつ。ではキューサイとファンケルの味わいの違いはというと、キューサイの方がクセがあってファンケルはサラっと飲みやすい。1年を通じての味わいの変化は、なんとなくキューサイの方が変化があるかなぁ、という感じで、味の変化でえば個人的にはキューサイの方がいいと思います。

そうなんだけど、味わいの変化を楽しむなら中小メーカーの冷凍青汁の方が圧倒的にいいんですよね。冬はフルーツのように甘くてジェル状になったり、夏は喉がえぐれそうなほど苦い時もあったり、脳が若返る感じがすごいです。そのためキューサイを選ぶなら、中小メーカーの冷凍青汁を選んでしまいます。

ということで次回、ファンケルと中小メーカーの冷凍青汁についても比較してみます。なお、青汁効果や市場で人気の青汁についてご興味のある方は、下記もご参考になれば嬉しいです。

参考:初めて「青汁 効果」で検索したら凄い効能ばかりで驚いた!
参考:青汁ランキングの口コミ比較!無添加の人気がない理由とは?

 

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top