Read Article

カルビーのフルグラと贅沢グラノーラ(通販限定)実際に比べてみた!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

709615747253046390_1129510674

ちょら汁をフルーツグラノーラに混ぜると美味しくて、最近グラノーラにはまってます(笑)。グラノーラ人気の火付け役カルビーさんが、ネット通販限定グラノーラを販売していたので思わずポチリと買ってしまいました。

≪グラノーラ≫とは?

グラノーラはオートミール(トウモロコシの代わりにオーツ麦を使ったコーンフレークみたいなもの)を主原料に、穀物やナッツ類そして、砂糖もしくは蜂蜜、メープルシロップなどを絡めてオーブンで焼き上げたシリアル食品です。

健康意識の向上を背景に、手軽に穀物の栄養を補えると人気の食品です。そして何より、グラノーラは「ちょら汁」との相性ばっちりなのが素敵です!

グラノーラだけだと野菜の栄養が不足するので、青汁と牛乳を混ぜるだけで栄養サポートは十分!しかも青汁が苦手な方でも食べれるくらいに美味しいので、色んな方におすすめしています(笑)

 贅沢グラノーラとフルグラを実際に比べてみました。

今回は2種類ある贅沢グラノーラの中でも「たっぷりりんごと香ばしアーモンド」と、定番の「フルグラ」を比べてみます。お皿に入れるとこんな感じ。

709612521539669047_1129510674

(左:贅沢グラノーラ、右:フルグラ)

入ってるドライフルーツが違うだけで、それ以外はあまり代わり映えしません。ちなみに入ってる素材の主な違いはこんな感じ。

【贅沢グラノーラ(たっぷりりんごと香ばしアーモンド)】

  • リンゴが多い。
  • アーモンドが多い。
  • かぼちゃの種(緑色のタネ)が多い。

【フルグラ(フルーツグラノーラ)】

  • 素材の種類が多い(いちご、りんご、パパイヤ、レーズン、かぼちゃの種、アーモンド)

簡単にいえば、フルグラをベースに「リンゴとアーモンドとかぼちゃの種」に特化して量を増やしました!という感じかな。

贅沢グラノーラとフルグラの味の違いは?

正直、味の違いに目立ったものはありません。主原料のオートミール自体あまり味はなく、両製品とも砂糖で甘味付けしてるので似たような味になるのかも。

強いて言えば、贅沢グラノーラのほうがリンゴが多いので、食べていると酸味が心地よいです!ただ、アーモンドの主張がほとんどないのが残念。

ほんとうはスライスせずに全粒アーモンドを入れると格段に美味しく高級感が増すけど、全粒だと原料費も上がるし焼成時間が長くなってコストが合わないのかな。と勝手に想像してみたりして(笑)。いずれにしても贅沢感不足は否めないです。

あくまで個人的な感想ですが・・・、

  • 340gで756円の贅沢グラノーラ(リンゴとアーモンド)
  • 800gで実売800円前後のフルグラ

だったらフルグラを買っちゃうなー。贅沢グラノーラには今回の「リンゴとアーモンド」以外にも、「輪切りバナナとざく切りイチゴ」もあるので、そっちに期待してみます!

フルグラや贅沢グラノーラについて思うこと・・・

本題からそれて余談ですけど、フルグラの原材料を見ると、

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、クエン酸鉄Na、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

といった合成した栄養強化剤がズラっと並んでます。そしてパッケージには、

709703295346315078_11295106741

表面で強化した栄養剤を宣伝

709705480981352310_1129510674

側面で強化した栄養剤表示

つまりは「フルグラの栄養は合成した食物繊維や鉄、ビタミン類を添加したから栄養たっぷり!」ということでしょ?だったらマルチビタミンミネラル飲めばいいじゃんって思ったりして。でも、こうした積み重ねが消費者の購入意欲を刺激して、フルグラの圧倒的なコスパを支えてるんでしょうね。

ただフルグラは良いとして、高級仕様で販売してる通販限定の贅沢グラノーラでも栄養強化剤を添加する目的が分からなーい。フルグラほど栄養値を宣伝してないし。だったら、

  • 「そんなとこにお金かけずに、グラノーラ自体の原料に注力して、もっと美味しくする!」

とか似た味を出すなら、むしろ

  • 「もっと栄養強化剤を添加して、フルグラよりも栄養たっぷり!」

とか、なにかもっと高級感を感じられると楽しいのになーって思ったりして。個人的には、もっとグラノーラとしての味わいが良いと嬉しいなぁ。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top