Read Article

グリコのプッチンプリンに「ちょら汁(青汁)ソース」かけてみた!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
遊んでいる気になれる便利な都市(福岡・東京・横浜)で33年ほど生活したあと、もっと効率よく幸せになるために、生活のスペックを落とすことで生まれる不便を自分なりに遊ぶ人生に切り替えました。子育て、料理、アウトドア、バードウォッチングetc...ただいま遊びを勉強中!

20140402-3

子供の頃に食べたプッチンプリンを見つけて懐かしくなったので、今日は濃厚ちょら汁ソースをかけて食べてみました。

《プッチンプリン》とは?

累計販売個数が51億個を超えて、「世界でもっとも売れているプリン」としてギネス世界記録に認定されているプリンの定番です。

コクのあるミルキーな味わいで飽きにくく、底面にある棒をプッチンすることでお皿の上に「プリンッ!」と落ちてくるプリンです。スキャットマンの「プッチンパポペ~エブリバディプリンプリン!」ってCMがあったような。

ちょら汁ソースを作ってかけてみました!

ちょら汁1袋を少量の水で溶かせば、濃厚ちょら汁ソースの出来上がり!

20140402-4

あとは、ちょら汁ソースをプッチンプリンの上からかけるだけです。容器に残った「ちょら汁ソース」は、水を入れて溶かして飲みましょう!

20140402-5

レストランをイメージしてお皿にもソースを落としました。けれど、なんだろう。センスのないこの感じ(笑)見た目は置いといて、早速食べてみました!

「きゃー!見事にアンバランスで全くかみ合ってません!」

プリンの甘さが口に広がったあと、青汁の苦味や香りがあとから追いかけて、見事にミスマッチ。プリンはプリン、青汁は青汁。それぞれ身勝手に主張していて調和が取れていない。

んー、残念。もっと美味しく食べられると期待していたのに。ちょら汁とプリンを美味しく食べる方法を、さらに研究してみます!

Return Top