Read Article

永谷園みそ汁「煮干しのちから」に「ちょら汁(青汁)」混ぜると!?

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20140331-1

今日は永谷園の味噌汁「煮干しのちから」に、ちょら汁を混ぜて食べました。

《煮干しのちから》とは?

2013年8月19日より全国販売開始した永谷園の即席みそ汁です。「1杯でしじみ70個分のちから」「脂っぽい料理に黒豆のちから」(※いずれも即席みそ汁)に続いて、健康みそ汁シリーズの第三弾。

1杯たったの約40円で、カルシウムが240mg(牛乳1本分)も摂れます。具にはワカメとネギのほか、煮干し削り節を使うことで風味豊かな味噌汁に仕上がっています。

それでは、ちょら汁を混ぜて飲んでみます!

20140331-2

永谷園の商品って、あまりハズレがなくて美味しいものが多いので楽しみ!ちょら汁を投入すると、味噌汁があっという間に緑色に変わりますが心配はいりません。

飲んでみると期待を裏切らない相性の良さを見せて、本当に青汁が入ってるの?と思うくらい自然に美味しくいただけます。さすが「ちょらの青汁!」なんてね♪

骨密度の低下は老後の介護リスクを上昇させることもあり、カルシウムは年齢問わず、積極的に取り入れたい栄養成分です。でも、せっかく摂るなら色んな栄養素と一緒に摂った方が効果は上がります。

これなら、カルシウムや大豆の栄養だけじゃなく、野菜の栄養も補えるので便利ですよ!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top