Read Article

森永ビヒダスヨーグルトBB536に「ちょら汁(青汁)」を投入!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20140329-1 今日は森永のビヒダスヨーグルトBB536に、「ちょら汁」を混ぜて食べてみました。

《ビヒダスヨーグルトBB536》とは?

健康な乳児から発見された“ビフィズス乳酸菌BB536″を使ったヨーグルトで、他の乳酸菌と比べて熱や酸に強く、生きたまま大腸に届く生命力あふれるビフィズス菌です。

ビフィズス菌BB536は、大腸ガンのリスクを高める超悪玉菌“ETBF菌(毒素産生型フラジリス菌)”を退治して健康な腸へと導いてくれることから、これまでに欧米を中心に30ヶ国以上の国々で、ヨーグルトやサプリメント、育児用粉ミルクなどに使われています。

ちなみに、無作為に選んだ健常者の糞便を調べたところ、約10人に1人はETBF菌を保有しているそうです。ひょっとして私やあなたも・・・。

 それではビヒダスヨーグルトに、ちょら汁を混ぜてみます!

20140329-2

ちょら汁って思いのほか量があるので、1人分のヨーグルトに1袋入れたのは多すぎたかな・・・と思いつつ、混ぜていくと中々いい塩梅になってきました。

途中、おしゃれな抹茶ケーキのようなキレイなマーブル模様を経て、全体的に青汁らしい緑色に染まりました!

食べてみたところ、いい具合にヨーグルトの酸味を抑えつつ、適度に「ちょら汁」の味わいを主張してくれています。酸味と青汁がお互いに尊重しあっている感じで美味しいです!これなら毎朝でも食べられます。

ビフィダス菌の効果もあいまって、スッキリ爽快!便秘解消まちがいなし!
※青汁やヨーグルトはあくまでも栄養バランスを整える健康食です。便秘を治療するような医薬品的効果はありません(「青汁効果のウソとホント」参照)。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top