Read Article

人吉市にある「相良藩 田(でん)」の椎茸そば、こりゃあ旨いよ!

なんだか美味しい蕎麦を食べたい気分。

そんな気持ちで車を走らせていたら、ふと目に飛び込んできたお店、それが「相良藩 田(でん)」でした。住宅街にあらわれた趣のあるたたずまい。

店内もなんだか品のいいおばあちゃん家に帰ってきたような(そんな経験ないけど)、なんだか懐かしく落ち着ける雰囲気。

和室にながれるクラシック音楽もいいもんですね。

参考までに、場所はこちらです。

何品かいただいた中で、どうしてもまた食べたい一品がこちらでした。

息子が頼んだ椎茸そば。

最初はね「ふーん、椎茸そばねぇ。」くらいにしか思っていなかったんだけど、息子から一口もらってびっくり。

ゆず風味に煮て浸された椎茸の、なんとまぁ上品なこと。

ゆずの香りが移ったスープがまた美味しい。

なんだか料理上手なお母さんのご飯をいただいたような「愛」を感じる味わいでした。こういうお店、めったに出逢えないから嬉しかったな。

外食って、美味いか不味いかしか判断材料がないからつまんないんですよね。

そんな情報(味覚データ)でしか料理の良し悪しを判断できないなんてロボットじゃないんだから。外食の価値って、どれだけ心が安らげるかのほうがよっぽど大切。

 

帰り際に作り方を聞いたとき。

「企業秘密よ!」とのれんから顔を出した女将さんの表情はまさに料理上手なお母さんで、料理が、商売が、心から好きなんだろうなと伝わってきました。

そりゃあ、あんな安らげる椎茸の煮浸しがつくれるわけよね。

[PR]人生を満喫できる健康食


愛情が伝わってくる椎茸そば、また食べに行こう。

Return Top