Read Article

パチンコ依存症が減る気がしてならないポケモンGOへの期待感

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

 

ポケモンGOにハマっている人たちと、パチンコが好きな人たちって凄く似ている。

20161107-1

きっとネット嫌いな中高年を中心にパチンコに依存することが多くて、ネットが日常にある若者層を中心にポケモンGOに依存しやすいのだと思う。両方とも分かりやすいエサ(刺激)を定期的に与えてもらえるから心地よくなって依存してしまう。

ブームになるということは、大衆が理解できるような単純で分かりやすい刺激をもらえるってこと。

自然で昆虫採集するとなると昆虫の名前や生態を勉強しなければいけないし、採集に行ったとしても見つけられないことの方が多い。とにかく考えて挑戦しては失敗の繰り返し。対してポケモンGOは名前も教えてくれるし出現場所も教えてくれる。

稼ぐ(生きる)ためには常に情報収集しながら勉強しなければならないし、どれだけ努力しても実らないことのほうが多い。とにかく勉強して努力するの繰り返し。対してパチンコは努力しなくても所持金を倍増してくれる。

やっぱり、ポケモンGOとパチンコは似ている。

実際にポケモンGOのおかげでパチコンをやめた人たちが増えているみたい。

だけどポケモンGOの素晴らしいところは、それ自体にお金を消費することなく脂肪を消費してくれること。

暇つぶし(ポケモンGO)よりもギャンブル依存(パチンコ)の方が社会に与える悪影響は大きいので、もっとポケモンGOをあおってギャンブル依存を減らして欲しいな。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top