Read Article

コリコリ食感の親鶏がおいしそうで、どうしても蕎麦が食べたくて。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

 

鹿児島のおいしい鶏肉。

20161030-1

親鶏のコリコリ食感を思い出すと、どうしても食べたくて食べたくて。とってもお蕎麦が食べたい気分。

あせる気持ちをおさえて蕎麦つゆをお鍋にいれて。

20161030-2

こないだ息子とつくって手作りにハマりだしたカツオだしと一緒に鶏肉もいれてグツグツ、旨そうな脂がにじみ出てきました。

20161030-3

アクも取ったらギトギト脂も落ち着いて、卵でとじたニラも加えてやっと完成!

ほら、みんな持って行って!

20161030-4

親鶏のコリコリ感、ニラのシャキシャキ感がたまんない。

子どもたちのアゴを鍛えるのにも役立ちますように。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top