Read Article

原因不明!手抜きなのに超うまい簡単トマトパスタのなぞ

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20160921%e2%88%924

やっぱりお家でご飯はいいですね。

息子も娘も、そして妻も美味しいと言ってくれて。自分で言うのもなんだけど、その辺のお店で食べるよりも美味しくて。作ってきたトマトパスタ史上、今回が一番おいしい(毎回そう言ってる気もするけどさ)。

娘のリアルおままごとを兼ねているので、できるだけ手間を省いた手抜きレシピだったのに、どうしてこんなに美味しくできたんだろう。本当に不思議。

作ったときを思い返してみると…

なぜ美味しい?手抜きトマトパスタのレシピ

たっぷりのオリーブオイルでニンニクをじっくり炒めて

4〜5人前を作るのにニンニクを4かけら。

オリーブオイルは大さじ8杯ぐらいは使ったんじゃなかろうか(適当に入れたので分からないけど)。

20160921%e2%88%921

4歳の娘にやってもらうので、焦がしちゃいけないと思って弱火でじっくりニンニクを炒めてもらったのです。

ニンニクに火が通ってきたらトマト缶を入れて

オリーブオイルでニンニクを炒めた香りって、たまりませんよね。

時折フライパンの様子を見ながら、ニンニクが少し茶色になってきたところでトマト缶を投入。普段は1缶なんだけど、冷蔵庫に1/2缶余っていたので、それもついでに入れてみました。

20160921%e2%88%922

料理酒を加えて中火に。そしてパスタを茹でる鍋に点火。

今日はベーコンがなかったので、さらに塩分不使用の無添加鶏だしも小さじ1杯ちょっと加えてグツグツ煮込んでみました。ちなみに我が家で使ってる鶏だしがこちら。

 

トマトのうま味成分はグルタミン酸。そこにベーコンのイノシン酸が加わると相乗効果で美味しさ爆発するらしいけど、残念ながらベーコンがなかったので鶏ダシを加えてみたのです。

イノシン酸って肉類に含まれるみたいだし。

芯が残る麺を投入、直前にツナと小松菜を

いつも時間を計測していないのではっきりとは分からないけれど。

茹ではじめて4分くらいでトマトソースへ小松菜とツナ(1缶)を入れてみました。

20160921%e2%88%923

小松菜の葉がしんなりしてきた頃合いに、おそらく茹で上げ約3分前、まだ麺に芯が残っている状態のときに湯切りせずトングで鍋から麺を投入。

あとは2分ほどかき混ぜながらトマトソースを絡めて、お皿に盛ったらたっぷりの粉チーズと黒胡椒をかけるだけ(麺を茹でる際にしっかり塩を入れていたのか、塩を加える必要がなかった)。

どうしてこんなに美味しくできたのだろう。不思議だなー。

また子どもたちと一緒に作ろっと。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top