Read Article

がんにならない県第一位に選ばれました!って本当?

この日記を書いた人

Mika Takayama
1975年生。独身時代に稼いだお金で家も買わずに起業資金へ。自然が豊かな環境で子育てするために鹿児島へ移住しました。家族生活を中心にしながらブログ通販で生計を立てています。
P1011835

さくらじま

 

気になる記事発見!がんにならない県第一位に鹿児島県が選ばれました。

へぇ~!家はガン家系なので驚くばかり。

ただ、元気なおじいちゃんおばあちゃんは多い気がします。

そう言えば、友達のおばあちゃんが老衰って言ってたなぁ。

鹿児島県民も驚いているようです。だって私もビックリしたもん。

6月末、国立がん研究センターが全国47都道府県の、がん罹患状況を公表して話題を呼んでいる。’12年に新たに、がんと診断された患者数は全国で約86万5,000人だったという。同センターは集計したデータを解析し、がんの部位ごとに都道府県別・男女の罹患率を算出したのだ。

その結果、“がんにならない県”として、著しく目立っているのが鹿児島県。乳がん1位、大腸がん1位、さらに胃がんや子宮がんでも2位で、トータル(全部位)で1位という驚きの結果に!この数字は、当の鹿児島県民たちにとっても予想外だったようだ。

 

 

鹿児島の生活のなにが功を奏しているのか?

 

黒酢

2002年に、鹿児島県の名産品「黒酢」に抗がん作用があるという研究結果を鹿児島大学の教授が発表してます。

また、2013年には鹿児島大学医学部の研究チームが“黒酢には皮膚がん細胞の増殖を抑制する効果があった”という内容の研究結果を発表したとの事。

あー私、黒酢飲んでないし、お料理にも使ってない。。。

さつまいも

さつまいもの表皮のアントシアニンに、がん細胞の増殖抑制作用があることを分かっているらしい。

これは、OKです。我が家にはさつまいもを常備してます。

 

お野菜

がん罹患率の低い県は、野菜の摂取量が比較的多いとの事。

街のあちらこちらに地域特産品市場があって、每日新鮮なお野菜がお安く手に入ります。

温泉

あと、忘れてはならない鹿児島の温泉王国!

街の銭湯全てが温泉、しかも大人一人390円。安いです。中には130円で入れることもあります。

この温泉によく入る習慣が、身体を温めて基礎体温を上げて健康に繋がるというわけ。

体温が低いのが一番身体に悪いみたいだし、温泉の存在はありがたい。

 

いやぁ~、鹿児島県民が普通にしている行為が健康へと向けているんだ~。私も黒酢を使っていかなくちゃですわ。

 

 

この日記を書いた人

Mika Takayama
Mika Takayama
1975年生。独身時代に稼いだお金で家も買わずに起業資金へ。自然が豊かな環境で子育てするために鹿児島へ移住しました。家族生活を中心にしながらブログ通販で生計を立てています。
Return Top