Read Article

ブログは毎日書くよりも、週1回書く方が難しいことが分かってきた。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20160704

ブログは毎日書く方が楽だ。

せっかく書くなら内容がしっかりしたものをという考えで続けてきたけど、しばらくすると更新頻度が下がるんですよね。そうこうしているうちに週1回くらいの更新になって、気づけば月に数回なんてことも・・・

しかも更新頻度が下がるに連れて、なぜかコンテンツの質も下がる傾向にあるんですよ。それが嫌になって間があいて、またやる気を出して更新するの繰り返し。

たまに改心して頑張って毎日更新しはじめるときもあるけど、途中でガス欠になって、いきなり更新やめたり・・・

せっかくブログするのにこれではもったいないので、2つだけ意識して書くようにしたら意外と続けられてます。それに、日に日に気持ちも楽になって驚きました。

意識したこと1「気負わない」

これまでしっかりしたものを書こうと思っていたから続けられなかった。

世の中だれでも無知からはじまるわけで、自分より物事を知っている人は無数にいるし、どんな分野にも専門家がいるので勝てっこない。

「こいつ馬鹿だな。」と思う人がいても、思わせておけばいいんです。本当に有能な人は、たとえ無知でも前進しようと頑張っている人をみると、自分の過去と重ねて微笑ましく思うものです。

ブログは自己アピールの場ではなく、自分を磨く場。好奇心に従うまま勉強しながら、備忘録として記事にするだけでもよかったんだ。

それに「よく見せなきゃ!」と思うと好奇心が抑えられて、活動の幅がせまくなる気がする。

人の目なんか気にせず、もっと夢中になろう。コンテンツの質は、書き続けるうちにレベルアップするし。

意識したこと2「とりあえず書き出す」

これはブログだけじゃなくて、起業でも同じことをよく聞くよね。

書く前からあれこれ考えを張り巡らせるのも大切だけど、とにかく書き始めることも大切だったんだね。たとえモヤモヤした状態でも、書き始めると「あれはどうして?」「これはなぜ?」と疑問が出てきます。

それをまとめながら記事にしていけば、意外と無理なく書けることに気づけた。もちろん書き方などのテクニックも大切だけど、書き続けないとなにも始まらない。

でもたまに、文章にまとまりがなくて右往左往することもあるけど・・・

とにかく書き出す!

ブログって、好奇心を刺激して活動の幅を広げるのに役立つね。楽しさに気づけてよかった。

ブログを通じて好奇心を刺激しよう。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top