Read Article

すべて100均グッズで、子どもが捕まえたカニを飼育してみた。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
遊んでいる気になれる便利な都市(福岡・東京・横浜)で33年ほど生活したあと、もっと効率よく幸せになるために、生活のスペックを落とすことで生まれる不便を自分なりに遊ぶ人生に切り替えました。子育て、料理、アウトドア、バードウォッチングetc...ただいま遊びを勉強中!
20160623-1

※写真:ぼうずコンニャクさんより引用

 

もう1ヶ月も前の話。

子どもたちが近くの川付近にカニがたくさん住んでいるのを発見して、学校から帰ってずーっと友達とカニをとっていた。

Avatar image
おにいちゃん
今日、でっかいやつ捕まえたんだよ!

「おー、すげー!」

ひとしきり驚いて感心した後、とりあえずバケツにいれると翌日にはまた、

Avatar image
おにいちゃん
今日、こんなにとれたんだよ!

と、こんな感じで数が増えていく・・・。

数が増えると今度は、

Avatar image
おとうとくん
カニのねー、手足をもぎとったら石ころみたいになってねー、おもしろすぎて笑ったんだよ!

いやー、さすが子ども。笑ったけど、笑えない。

毎日カニカニ言うもので、調べて教えてあげると、

Avatar image
おにいちゃん
これクロベンケイガニっていうんだってよ!
Avatar image
おとうとくん
お腹がこうなってるやつはメスなんだって!

と友達と大興奮。

そんなにカニが好きならと、せっかくなのでカニの家をつくることにしました。

100均グッズでカニ飼育

ということで、100均グッズ(ダイソー)で買ってきました。

P1011773

せっかくなら楽しもっと。

 

適当なサイズのプラケースと陶器の皿(エサ用)、そして熱帯魚飼育用の石やろ過材です。

たかがカニを買うために7点で756円。

Avatar image
ママ
高っ!

えへへ。まさか、こんなにかかると思わなくって。ははは。

ガミガミいわれる前に、とっととセットしよーっと。

P1011776

それなりに、さまになってきたんじゃない?

 

こんな感じでいいでしょ。

さらに土管も入れとこう

さらに土管も入れとこう

 

このあと、水場(左)にセットしたろ材を小さくたたんで、カニが水に全身つかれるスペースを用意しました。

全身つかれるスペースがないと、脱皮がうまくいかないらしい。

Avatar image
ママ
そんなに長いこと飼うの!?

え・・・

まぁ、せっかく飼うならカニに「ここ居心地がいいね!」って思って欲しいしさ。

Avatar image
パパ
カニって楽しいねー!
Avatar image
おにいちゃん
うーん、もうね、飽きた。
Avatar image
おとうとくん
もうカニはいいや。

え・・・?

・・・

・・

そして、現在。

こんな感じで生きてます

こんな感じで生きてます

 

雑食だからイリコや野菜くずをあげてます。

飼うときは1〜2匹じゃないと共食いします。結局、1匹しか残らんかった。

なんだかんだ、いまでも学校から帰って時折カニの様子を伺ってます。

Return Top