Read Article

青魚でDHA・EPAを補うなら高木商店のサンマ水煮缶がベスト!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

sanma_takagisanma_takagi
いろんな缶詰があるけど、愛用している魚缶はこちらです。

青魚を食べて積極的にDHA・EPAを補っていきたいのですが、そうそう食べる機会もなくて困っていました。鮮魚コーナーへ行って鯖(さば)や鰯(いわし)を見ても「帰ってからさばくのかぁ、頭とか内蔵ってすぐ臭うからなぁ、ゴミの日いつだっけ。」なんて考えていると、ついつい「また今度にしよう。」と思って通りすぎていました。

もちろん刺身や切り身を買って焼き魚にすることもあるけれど、毎日のように食卓にのぼるわけでもありません。週に1度も食べないときだってあります。あれこれ迷って試してきた結果、我が家では高木商店さんのサンマ水煮缶で青魚不足を解消することにしました。

サバやイワシではなく、なぜサンマ缶!?

DHA・EPAといえば鯖(さば)。

とお考えの方はたくさんいると思います。実際に文部科学省の食品成分データベースを見ても、鰯(いわし)や秋刀魚(さんま)より鯖(さば)がDHA・EPA豊富な青魚となっています。最初は「DHA・EPAを摂るならサバ缶だな。」と思って選んでいましたが、調べていくと実は秋刀魚(さんま)の缶詰が一番コストパフォーマンスに優れていることに気がつきました(参考:DHA・EPA豊富な魚はサバ・イワシではなくサンマだった!?)。

なぜ、高木商店のサンマ水煮缶なの!?

高木商店さんのサンマ水煮缶を選んだ理由は「味」と「品質」。

銚子港に水揚げされた脂がのった新鮮な国産サンマを厳選して使っているので、とにかく美味しいんです。素材そのものが良いので味付けはシンプルに塩だけで十分おいしく、骨まで全部まるごと食べられます。
sanma_takagi_2
しかも加工して缶詰にするわけでなく、鮮度の良い状態で缶詰に入れてから調理するため、DHA・EPAをはじめとした栄養成分を余すことなく食べられます。しかも1缶にサンマ3匹分ぎっしり入っているため、かなりお買い得です。

おすすめの食べ方

そのまま食べてもおいしいけれど。

我が家ではミューズリー(シリアル食品のひとつ)と一緒に煮込んで、お粥にして食べています(参考:これをおかゆに!?超簡単ちょらのミューズリー粥が便利すぎる!)。ちょらのミューズリーにダシ汁と塩少々、高木商店さんのサンマ水煮2〜3切れ加えて、水気がなくなるまで3分ほど煮こむだけ。魚を焼く必要もなければ、お米を炊く必要もありません。
sanma_takagi_3
玄米に匹敵する栄養価をもつ有機オーツ麦やミネラルたっぷりの有機ナッツ、DHA・EPA豊富なサンマのおかげで、忙しい朝でも驚くほど簡単でおいしく、栄養たっぷりな一品に仕上がります。一口食べると思わず笑顔がこぼれますよ。

【お試し買いならアマゾンがおすすめ】

さんま水煮425g(送料無料)
【まとめ買いなら楽天がおすすめ】

さんま水煮425g×12缶(送料無料)

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top