Read Article

「こんなはずじゃなかったのに」を前向きな言葉に変えてみる。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20160306
こんなはずじゃなかったのに。

理想が高過ぎるのか、「こんなはずじゃなかったのに。」と思うことがあります。だけどこの「こんなはずじゃなかったのに。」という言葉って、とっても後ろ向きなネガティブな力を持っていて、人生を切り開いて楽しむための体力を奪っていることに気が付きました。

「こんなはずじゃなかったのに。」と思った瞬間、人生が苦しくつまらなくなってしまう。この恐ろしいほどにネガティブな言葉を、どうにかしてポジティブで前向きな言葉に変えられないだろうか。方法はいろいろあるんだろうけど、ボクは「おかげさまでここまで来れた。」という言葉に変えていくことにしました。

どちらの言葉を発しても自分がいま立っている位置は変わらないけど、「こんなはずじゃなかったのに。」だとほとんど進んでいないように感じてしまう一方で、「おかげさまでここまで来れた。」だと自分なりに前に進めたように感じて元気がでます。どちらにしても自分の立ち位置は変わらないのに感じ方が180度違います。

「おかげさまでここまで来れた。おかげさまでここまで来れた。おかげさまでここまで来れた・・・。」念仏のように何度も唱えて、「おかげさまでここまで来れた」という消しゴムで「こんなはずじゃなかったのに。」という超ネガティブな暗い言葉を消し去ろうと思います。

おかげさまでここまで来れました。

今日もまた一歩ふみだそっと。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top