Read Article

健康の基本「水」温泉水99とコントレックスは我が家の常備水

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20150719-4
人は水でできている。

普段そんなこと考えもしないけど、データでみると「人間って水なんだ。」とさえ思います。たとえば赤ちゃんは体の約75%が水でできていて、大人になるにつれて減っていきます。減っていくといっても大人の体の約60〜65%は水です。

考えてもみれば、食べ物はなくてもしばらく生きながらえるけど、水がなくては4〜5日で命を落とします。2%の水を失えばノドの乾きを感じ、失った水が5%をこえてくると頭痛や情緒不安定に。10%ちかくの水がなくなると筋肉や内蔵が正常に働かなくなって、それ以上になると意識を失い絶命する。

それだけ水は、健康の必需品。

これまで水について試行錯誤してきたなか、我が家が最終的にたどりついたのが「温泉水99」と「コントレックス」です。

温泉水99を選んだワケ

理由は「超軟水」の水だから。

これまで愛用する水を考えて浄水器やウォーターサーバーを考えたりもしましたが(参考:旨い水を求めてウォーターサーバー&浄水器(整水器)比較!)、菌汚染のリスクを極力減らして安全に、おいしく飲める水を考えていくと、温泉水99ほど最適な水はありませんでした。まろやかで甘みすら感じられて、とにかく美味しいんです。

また、水出しのお茶やコーヒーを作るときにも温泉水99は重宝します。試しに透明をコップを2つ用意して茶葉を入れ、水道水と温泉水99を注いでしばらく放ってみてください。見た目にも明らかなほど温泉水99は成分を抽出して、まろやかで風味豊かに仕上げてくれます。

コントレックスを選んだワケ

まろやかで美味しい温泉水99。

だけど温泉水99は超軟水なだけにミネラルがほとんど含まれていません。料理に使ったり、夜、お風呂あがりに飲む分には胃腸にやさしく水分補給できて良いのですが、朝に飲む水を考えるとコントレックスも欠かせないんです。

睡眠中に失われた水分とミネラルを補うには、目覚めた朝にミネラルたっぷりのコントレックスがぴったり。我が家ではコントレックスに「ちょらの青汁」を混ぜて、短時間で野菜の栄養も補っています。そのままでは飲みにくいコントレックスも、ちょらの青汁で飲むことで硬さもとれて美味しく飲めるんです。

それぞれの使い分け

我が家では、こんな感じで使い分けています。

朝、目が覚めたら口をゆすいでコントレックス青汁を飲む(その後、ミューズリー粥でしっかり体をあたためる)。日中は温泉水99とコントレックスを好きな割合でブレンドして、まろやかな硬水としてミネラルと水分を補給する。夜、お風呂あがりには温泉水99をコップ1杯のんで胃腸をやすめてあげる。

日中、水分補給にとついついジュースを飲んでしまうなら、ウォーターボトルに温泉水99とコントレックスをオリジナルブレンドして持ち歩いたほうがいいですよ。余計な糖質は取り込まず、必要な水分とミネラルだけ補えます。

体のほとんどを占める水、だからこそ安全で体にいいものを選びましょう。

最近の常備水日記

    人気の常備水日記

      この日記を書いた人

      Hiro Takayama
      Hiro Takayama
      1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
      Return Top