Read Article

子どものIQアップ!?亜麻仁油でつくった簡単トマトパスタ!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20160221-1
特別なことはしてないけど、めっちゃ旨い。

もともとは我が家の息子たち(8歳・双子)にどうやって料理の楽しさを知ってもらおうか、というとこから始まったんだけど、これが結構おもしろいし美味しいし脳にまでいいと一石三鳥なんですよ。それに、まな板を使わないから散らからないし後片付けも簡単ですし。

作り方は超簡単で、まずはすり鉢にオリーブの実とレンジでチンしたニンニクを入れて、子どもたちにスリこぎですってもらいます。オリーブの実はカルディで買った缶に入ってるやつを使いました。1人あたりオリーブの実を3個くらいかな。ニンニクは1人あたり1かけらで皮を向いて水につけた状態でレンジでチンするだけ。今回は5かけらで、600Wで2分半ほどチンしました。

オリーブの実とレンチンしたニンニクがすれたら、そこに亜麻仁油(量は適当)とトマトジュース(1人分100mlくらい)をいれて混ぜるだけ。これでソースが完成。あとは塩分濃度1.3%くらいで茹でたパスタを湯切りせず、すり鉢(さっき作ったスープ)にトングで入れて和えるだけ。

20160221-2

パスタ茹でてるときに暇なので、子どもたちにキャベツをちぎっては鍋に投げ入れて、茹でたキャベツも一緒にパスタでいただきました。粉チーズと黒胡椒かけて召し上がれ。

オリーブの実をすってオイルとあえれば、EXVオリーブオイルとかいらない気がしてます。オリーブオイルを使うより、亜麻仁油やエゴマ油を使うほうが脳に良いですしね。子どもだけじゃなく、全世代にとっておすすめのパスタかも。

これまで手間暇かけてパスタ作ってたのが馬鹿らしくなるほど、超簡単なのにおいしい。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top