Read Article

ガツン!と叱ってやろうと思ったのに。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

仕事に主夫にせわしなく、息子の宿題が心配です。

先週の日曜日、息子(8歳・双子)が宿題を21時頃から取り掛かり始めたので、後回しにしていたことにムッとして怒っちゃいました。感情的になったことを反省しつつ、今週はどうだろうと心配していました。

すると、今日も宿題を後回しにして遊びに夢中(笑)。

よし、このまま放置して日曜日の夜に“ガツン!”と叱ってやろう。なんて思っていた矢先に、妻が「宿題はしなくていいの?先週末もやらずに大変だったんでしょ!?」と余計なひとことを。

「せっかく日曜日の夜に徹底的に叱ってやろうと思ったのに。」なんて笑いながら言うと、息子たちの顔が少し青ざめた気がした。息子たちが焦って宿題の準備をし始めたので、試しに「なんで早く宿題したらって言うか分かる?」と聞くと「怒られるから?」とのこと。

なんだかそれもな〜と思ったので、こんな話をした。

「ここに太郎くんと次郎くんがいたとしてね。君たちがラキュー(LaQ)買ってきて!ってお願いしたとする。すると、太郎くんはすぐにラキュー(LaQ)を買ってきたけど、次郎くんは翌日にレゴブロックを買ってきたらどう思う?」

「お前にはもう頼まない!って思うよね。次郎くんみたいな人は、大人になったら誰からも頼られないし、お金も稼げないよね。宿題って先生からやるように頼まれたことでしょ?宿題を早く正しくやれる子は、大人になったら色んな人に頼られてお金を稼げる人になれるんだよ。」

「宿題を早く正しくやって、大人になって一杯いっぱいお金を稼ごー!」

ま、たまにはこんな言い方も許してちょ。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top