Read Article

おままごとに癒され、周りの優しさに癒されです。

この日記を書いた人

Mika Takayama
独身時代の貯金で家も買わずに起業資金へ。お金を失ったことで不幸になるかと思いきや、消費していた日々より不便を自分なりに遊んで工夫した方が楽しいことに気がつきました。しあわせな人生をおくるため、遊ぶのにちょうどよい不便さを求めて今を楽しんでいます♪

娘が「おままごと」にハマっております。

朝起きて、保育園から帰ってきて、ご飯を食べ終わって、寝る前。。。

少しでも時間があると

「おままごとしようか!」

と誘われます。

こんな事言ってくれるのは今だけだろうし

 

「おきゃくさま~、なにをたべたいですか?」

「あたためてからたべましょうね」

「いっしょにいただきますしなきゃダメ~」

 

などなど、やってる最中は可愛くて仕方ないです。

私もある程度は付き合いますが、ずーっとしていると

ご飯が出来ません。

「ママは本物のご飯を作ってくるね」

と言うと「いやだー、ままごとするの!」

やれやれです。トホホ。。。

最近は、娘と顔を合わせると「ままごとしようか!」

と言われるので私の中で秘かに

”ままごと恐怖”

となりつつあります(笑)

そんな事を主人に話して一笑いしていたら

「今晩、僕が夕飯作るよ、ままごとい~っぱいしてあげて!」

ですって。優しさにジ~ンときました。

Return Top