Read Article

げっ、もしかして。話題のスーパーフードって一発屋食品のことかも。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20150116

どうも、夫です。

知らずに踊らされたほうが幸せだったかも。すこし前からやたらと「スーパーフードが凄い!」「あのセレブも愛用してる!」とか「スーパーフードでキレイになれる!」って話を目にするけど、これって要は一発屋芸人ならぬ一発屋食品だということに今朝気づいてしまった。

たまたま「スーパーフードって昔からあったのかな?」という素朴な疑問がうまれて調べ始めたんだけど、これって食品のジャンルからすれば、一発屋という言葉が一番あってる気がします。

スーパーフードの歴史

実は歴史が浅いスーパーフード。

スーパーフードが登場しはじめたのは1980年以降で、当時はビーポーレン(蜂が集めた花粉)やアロエベラなどがスーパーフードとして注目を浴びたようです。その後スピルリナやカカオがスーパーフードとして注目されるようになって、最近だとアサイー、チアシード、ココナッツオイルや亜麻仁オイルがスーパーフードとして人気を集めてますよね。

ビーポーレン(花粉)やアロエベラって、ネットワークビジネス(マルチ商法的ビジネス)でよく売れていた商品。ネットワークビジネスという主婦の口コミ販売でビーポーレンやアロエベラが健康に良いと話題になりました。その後、スピルリナやカカオが新聞やテレビで話題になって、ネットの時代になるとアサイー、チアシード、ココナッツオイル、亜麻仁オイルがスーパーフードとして注目されるように。

これを見てると、ネットワークビジネス(主婦の口コミ商売)、新聞折り込みチラシやTV通販、そして現在のネット通販。時代ごとに、販売メディアが増えるごとに、いろんなスーパーフードが話題になっています。それなのに、マーケティング資料を見ると、健康志向な食品の中で一番よく売れているのは青汁。いまだに青汁が1番人気らしい。

結局、芸能界じゃないけれど、スーパーフードの定番はすでに埋まってるんだよね。今話題になってるアサイー、チアシード、ココナッツオイルや亜麻仁オイルとかも、30年後はビーポーレン(花粉)やアロエベラのような扱いを受けている可能性が高いんだろうな。

とかいいつつ、チアシードもココナッツオイルも亜麻仁オイルも使ってて、見事に踊らされてるけどね(笑)。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top