Read Article

無水鍋が気になるけど、せっかくならキャンプでも使いたいからなー。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

最近知った無水鍋。

煮る、茹でる、炊く、焼く、蒸す、炒める、揚げる、オーブンと1台8約の便利なお鍋。しかもアルミで作られているので軽量だし、蓋もフライパンとして使えてオールインワンのクッカー。

だけど今年はキャンプを意識した料理を勉強したい。

イエメシ(家飯)とキャンプ料理の境目をなくしたい。

そんなこと考えてると、トライポッド(三脚)に引っ掛けて焚き火(炭火)調理ができる鍋が欲しくなる。となると、ダッチオーブンなんだよね。でも。鉄製のダッチオーブンはもってるけど、メンテナンスが大変なんだよね。

探してみると無水鍋と同じアルミ製のダッチオーブンもあることが分かった。これなら軽量でいいかも、と思ったけど我が家はIH。IHってアルミ製ダメなんだよね(無水鍋もアルミ製だけど、IH対応品もある)。せっかく見つけたのに、ダメかー。

さらに探すと、ステンレス製のダッチオーブンを発見。これならサビないしメンテナンスも楽ちん。だけどステンレスって鉄と同じくらい重いんだよね。うー、我が家がガス火だったらいいのに。

IHでも使えて、軽量で、トライポッドにも引っ掛けられる万能鍋ってないのかなー。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top