Read Article

スウェーデン料理「ヤンソンさんの誘惑」を作る!だけど材料は?

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20151118-10

完成すると、上の写真のようになるらしい。

子どもたちと一緒に世界の食文化を体験しようと思って、子どもに好きな国を言ってもらって、一緒に料理を作ることにしています。第2弾は、「スウェーデン」です。

参考:子どもと一緒に世界の食文化を体験!第2弾は「スウェーデン」に決定!

作ることに決めたのが、ヤンソンさんの誘惑・ピッティパンナ・ショットブラの3品。とりあえず、ヤンソンさんの誘惑から!

ヤンソンさんの誘惑

参考にしたレシピの一つがこちら。

アンチョビを使う料理なんだけど、調べていくとどうもスウェーデンのアンチョビは普通のアンチョビとは違うらしい。いわゆるイワシの塩漬けではなくて、甘くてオールスパイスの香りがするニシンの酢漬けなんだそうです。

ただねー、このスウェーデン流アンチョビって探せど探せど売ってないんですよね。そのため、いわゆるアンチョビ(イワシの塩漬け)を使ってヤンソンさんの誘惑を作ってる人が多いんだけど、せっかくなら本場の味に近づけたい!ということで、ニシンは手に入らなかったので、イワシを息子と手開きして皮むいて、「三杯酢+オールスパイス」で1時間ほど漬け込んだものを用意してみました。

20151118-2

本当はこんな感じ「スウェーデン酢漬けニシン」で漬け込みたかったけどね。時間がないから、手っ取り早く即席でつけました。まずは型にバターを塗ってジャガイモをのせてみる。

20151118-3

そのうえにバターで炒めた玉ねぎをのせて、先ほどのイワシのスパイス甘酢漬けをのせました(1層目)。

20151118-4

そしてもう一度、ジャガイモ・炒めた玉ねぎ・イワシの甘酢漬けをのせて(2層目)、最後にジャガイモを載せる。今回は生クリームの代わりに牛乳入れて、漬け込んだ酢漬けのタレを半分くらい全体にかけて、パン粉を載せて完成。バターものっけてオーブンに。

20151118-5

今回は200℃で40分焼き上げました。出来たのがこちら!

20151118-6

旨そうでしょ、上手にできたんじゃない!?

甘酢とオールスパイスに含まれるシナモンの香りが意外にも相性がよくて、クセになる気持ちが分かる気がしました。ハマるとやめられないね、この料理!めっちゃ旨いよ。いやー、リピ決定だわ。

他の2品については、また次回(これまた旨かった)!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top