Read Article

ちょらの青汁でダイエット・・・と思ったけど、事件発生(ガーン)。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20151026−2

今朝も、ちょらのバター青汁を飲んでダイエット生活。

参考:ダイエットで話題沸騰の「MCTオイル」をついに買ってしまった!!!

息子や娘が朝ごはんを食べているのを横目に、ボクは今日もバター青汁で朝食を抜いてます。今日で実践4日目だけど、青汁のおかげなのか、バターのおかげなのか、はたまたMCTオイルのおかげなのか。そこまで空腹感に苦しむことがないので、思ってたより気軽に続けられてる感じがします。

と思っていたら・・・。

20151026−3

がーん・・・。

無意識にみかん食べてた(笑)。

それに週末、家族でキャンプに行ってきたけど、発酵バターを持ち歩くわけにも行かず、MCTオイルの瓶を持っていくのも億劫で、この土曜日の昼と日曜日の朝昼晩は普通に食べてしまいました。はっはっはー・・・。でも、わざわざキャンプに行ってまで徹底しなくてもねー。それだと旅行に行っても現地のグルメ楽しめないし。ちょっとルール変更して、

1.基本は朝昼抜いて、ちょらのバター青汁ダイエット
2.キャンプや旅行に行った時はほどほどに食べてよし!

ということにします(ダメ?)。そういや体重を測っていなかったので体重計に乗ってみた。ということで、ちょらの青汁ダイエットスタート時の体重は、

89kg(185cm)

となっていて35年の人生で最高体重を達成していました(ガーン)!

食べる量は変わらないのに、年齢とともに代謝が減っていたのだね。江口洋介さんがちょうど185cmらしく、彼の体重を調べてみると・・・68kg!!!?え、ほんとに!?追いつくには21kgも減量が必要なのか・・・。結構、長い旅になりそうだね(笑)。

江口さんの写真を見ながら、

「でも、21kg減量したら、こんな風になれるのかー。」

ってつぶやいたら、隣にいた妻が大爆笑で吹き出されてしまった。そりゃー持ってるモノが違うけど、いや、案外やせるほど似てくるんじゃないの?もう35歳だし、そろそろ渋い大人のオーラが出てもいい年頃・・・。

未来の自分を信じてコツコツ続けるべし!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top