Read Article

マタニティマーク問題って、実はロゴデザインが悪いんじゃないの?

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20151019-3

マタニティマークへの批判意見を見てるとゾッとしませんか?

マタニティマークをつけている妊婦さんに対して「妊婦だから優先されて当たり前だと勘違いするな」「優先席付近に立つくらいなら各駅停車に乗れ」「邪魔だからタクシーに乗れよ」とか、探すと色んな罵詈雑言がでてきて驚きました。実際に産婦人科でも、マタニティマークをしてると故意に蹴られたり腹を押されたりする事もあるので、見せるのはシルバーシートの前だけにしましょうといわれる場合もあるそうで。

こういう話を見聞きすると、日本って何でこんなに子育てしにくい国なんだろうと思ってしまいます。でもね、この話ってなんだか、車に乗ってて目の前が初心者マークの車だった場合に似てる気がするんですよね。「早く目的地に着かなきゃ!」って急いでいる時に、目の前が初心者マークや高齢運転者マーク(青葉マーク)だったら思わず、邪魔なんだよ!って気持ちになる人、結構いますよね。

マタニティマークの問題って、その延長線な気がしませんか?慌ただしく生活しているときに、マタニティマークを見ると突発的にイラっときてしまう。実は、ほとんどの場合その程度の話な気もします。そう考えると、マタニティマークって何だかイライラしている人たちの感情に火を注いでる気がするんです。

あの子どもを見つめて満面の笑みを浮かべるロゴマーク。

20151019-3

人間って嫉妬するようにできているから、こういう「幸せなんです!」みたいなロゴマークを見ると「なに自慢してんだよ!」とか「妊婦だから気を使われると思うな!」って反感がきやすいんでしょう。むしろ「おなか大きくて・・・辛くてスミマセン・・・」みたいなロゴの方が受けがいい気がする。例えば、こんなイメージ。

「No BEER!!!」じゃなくて、「おなかに赤ちゃんがいます」だったら、「しょうながねぇ、譲ってやるよ。」って思う人とか「大丈夫ですか?」って声をかけてくれる人も増えるよね。動物のイラストっていうのも、嫉妬を買いづらいだろうし。

まぁそれ以前に、赤ちゃんって妊娠10週目の「ちょっとお腹が出てきたかな?」くらいでも、これくらい育っているわけで。

photo by suparna sinha

photo by suparna sinha

妊婦は生意気だとか偉そうだとか言う以前に、お腹の子どもを死なせないためにもマタニティマーク見たら配慮するくらいの器量を持ったらどうなのよって思うけど。きっとお腹にいる小さくて繊細な子どもを感じとれない人が多いんだろうな。

どんなに忙しくても、子どもとは笑顔で向き合う自分でありたいです。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top