Read Article

青汁入りチュイル作り、初めてにしては上手に焼けたんじゃない!?

この日記を書いた人

Mika Takayama
1975年生。独身時代に稼いだお金で家も買わずに起業資金へ。自然が豊かな環境で子育てするために鹿児島へ移住しました。家族生活を中心にしながらブログ通販で生計を立てています。

P1110650

私はヨックモックのシガールが好きです☆あのサクッとした食感がたまりません☆

石窯ドームレシピに似たようなクッキーレシピ「チュイル」が載っていたので早速作ってみることに!

っていうか、チュイルってなに!?

参考:チュイルとは(プロレシピブログ)

チュイルはフランス語で”瓦”っていう意味で、瓦のような形をしたうす~いクッキーみたいなヤツのこと。

瓦と言ってもフランスの瓦のことですから、思い浮かべてる”瓦”とは全く違う瓦なんだと思います。日本で”瓦せんべえ”って言ったら、あのものごっつー硬いやつのことですもんね。

そうなんですね!チュイルって、フランス語で「瓦」という意味なんだ。なるほどね~。

今回購入した材料はこちら(残りは家にあったもので)です。

P1110620

子ども達に食べられても、私もたっぷり満足いくほど食べられ、ご近所様にも配れるように卵白一個分のレシピを4倍にして作ってみました。あと、香ばしいチュイルを作るためにはアーモンドが大切らしいので、このためにアーモンドを買ってきました!

先ずは卵白ときび砂糖を入れて混ぜる。

P1110617

よく混ざったら米粉の中に少しずつ入れよく混ぜ合わせる。

P1110621

最初はこんな感じになります。

P1110629

もう少し混ぜるとこんな感じ。

P1110632

さらに混ぜるとなめらかになってきた!

P1110634

そしてアーモンドスライスとバニラエッセンスと溶かしバターを入れます。

と、ここまでは順調だったのにー!

アーモンドがぜんぜん足りないことに今さら気がついた!アホだ~。。。しょうがないので生地を半分にして残りは青汁とミューズリーを入れて焼くことにしました。

P1110640

早速、青汁を投入します!

P1110637

混ぜあわせたら次はミューズリーの出番です。今回は私の手で2掴み分入れまーす。

P1110638

みどり~♪になったところでスプーンですくって間をおいて並べます。

P1110647

どうでもいい話ですが、この間まで13年前の東芝オーブンを使っていたからか、この石窯ドームって余熱が早いです!

もたもた並べていたらあっという間に余熱完了の”ピー”って鳴ります(笑)

180度で10分焼いたあと150度に下げて8分焼く。

あっ!もう少しだ!

P1110641

やったー!完成しました~!

P1110648

端っこが焦げてる気がしなくもないけど、よく焼けてるってことにします!間を空けて並べたつもりだったのに、くっついてしまった・・・。

熱い内に綿棒などの筒状のもので丸みをつけるようなので、今回は空き缶でしました。

あっ、いきなりヒビが入ってしまった。

P1110646

40枚程焼いた中で上手く出来たものを撮影用に。

P1110649

20%しか成功しなかったです。

プレーンの方は2倍の生地に対して半分のアーモンドしか入ってなかったからか少ししっとり。

青汁の方はミューズリーたっぷりで余計な水分を青汁とミューズリーが吸ってくれたのかサックサクで美味しく出来ました。

 

味は、お隣さんにも好評でリピ決定かな。今度はアーモンドはたっぷり用意しなくっちゃですね、アハハッ。

この日記を書いた人

Mika Takayama
Mika Takayama
1975年生。独身時代に稼いだお金で家も買わずに起業資金へ。自然が豊かな環境で子育てするために鹿児島へ移住しました。家族生活を中心にしながらブログ通販で生計を立てています。
Return Top