Read Article

園児と「はらぺこあおむし」を作って「ふとんやまトンネル」で遊び尽くした週末。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

P1110389

たくさんの子どもたちと目一杯遊んで、めちゃくちゃ楽しかったなー!

娘が通ってる保育園で父親が1日保育するイベントがあって、ありがたいことにリーダーやらせていただけたので、絵本の世界を子どもたちと一緒に作ることにしました。選んだ絵本の一つが誰でも一度は読んだことがある『はらぺこあおむし』。そして先日、我が子たちと一緒に試しに作ってみたんです。

参考:「はらぺこあおむし」を子どもと一緒に作ったら想像以上に楽しかった!

でも、その作り方だと50名近くいる園児を相手にするのは難しいことがわかったので、もっと簡単に、もっと迫力ある作り方を考えました。それが、これ。ホームセンターとかで売ってる45リットルのカラーポリ袋に、クシャクシャにした新聞紙を詰めて、

P1110380

新聞紙で一杯になったら、縛り口がほどけないようにビニールテープを「☓」に貼って、底部の角が張り出さないようにビニールテープで抑えてできるだけ円形に近づける。すると、こんな感じの玉に。

P1110383

んで、後はそれぞれくっつけて(よく売ってるビニールテープではなく、幅広のビニールテープで玉の結合部をグルグル巻にします)、厚紙や作った目・鼻・触覚を両面テープで貼り付けるだけ。

P1110391

園児と遊んだ当日は、床に新聞紙を撒き散らして、みんなでビリビリに破りながら袋詰して、気づけば20個くらい玉ができてました(笑)。思いつき企画だったけど、壮観な眺めで楽しかったなぁ(写真撮り忘れたのが悲しい)。

ちなみに、あおむし作った後は「ふとんやまトンネル」を読み聞かせて、子どもたちと一緒に遊びました。

こちらは保育園にあった長机の長辺2辺をビニール紐でしっかり縛って、その中にふとんを通してトンネルに見立てました。そのトンネルをいくつも作って連結するだけ。そして、これまた保育園にあるパラバルーンを借りて上から吊り下げてサーカスみたいな部屋を作って(ちなみにパラバルーンって、以下の動画のようなカラフルな布切れ)、

このパラバルーンで作ったお部屋にふとんトンネルを連結させて中にボールを一杯に詰め込んだり、ふとんやまトンネルももちろん作りました。遊んで遊んで遊び尽くした週末でした。いやー、楽しかった。

父親の参加者がもっと多ければ、もっと大掛かりなことを仕掛けたかったな。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top