Read Article

ワセリン&ハイドロコロイドで娘の火傷がいい感じに治ってきた!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20150824-1

娘が火傷を負って帰ってきました。

妻に聞くと、スーパーの試食を食べようと手を伸ばしたら、ホットプレートに触れて火傷してしまったらしです。食欲旺盛な娘らしい怪我で、可哀想な反面、不謹慎にも笑ってしまいました。

で、火傷はこんな感じ。

20150824-2

焼けただれて水ぶくれになってます。こんなときはワセリン&ハイドロコロイドの出番です。よく水洗いして(消毒は絶対ダメ!)、ワセリン塗ってハイドロコロイド膜を貼るだけ。

参考:傷口・火傷は消毒液より、ワセリン&ハイドロコロイドかな。

まずはワセリンぬって。

20150824-3

ハイドロコロイド膜を怪我の範囲に応じて切って、

20150824-4

はがして火傷に貼るだけ。

20150824-6

しばらくすると少しずつ白くなって、

20150824-5

最終的には真っ白になります。

20150824-7

怪我や火傷をするとジュクジュクした液体が出てきますが、実はあれ細胞再生に欠かせない成分らしく、ワセリンぬって乾燥を防いでハイドロコロイド膜を貼ってジュクジュクさせた状態をキープさせることで、跡に残らず綺麗に回復するってわけ。

あとは朝、寝る前の1日2回、ハイドロコロイド膜をはがしては水でしっかり流して、タオルで軽くふいて同じ処置を繰り返すだけ。ついつい1日1回しか交換してなかたったら汗疹(あせも)ができたので、1日2回しっかり交換しました。

10日ほど経過すると、こんな感じになります。

20150824-8

うっすら赤らんでいるところが、火傷だったところです。火傷跡も残らず、きれいに治ってくれました。

 

このセット、本当に買ってよかったなー。なんて思っていたら、今度は息子が足に火傷を負ってしまった。バーベキューをしていたら不用意にバーベキューグリルに足がふれてしまったようで、近くにいただけに悔やんでも悔やみきれない。

20150824-9

うー、痛そう。なんだか、今年の夏は火傷が多い。ワセリン&ハイドロコロイドの登場機会が多いなー。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top