Read Article

徹夜した翌日、よく寝て睡眠十分なのに眠くてダルい原因ってなに?

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20150820

眠いし、ダルいし、やる気が起きない。

お盆に実家に帰省して、仕事を溜め込んでしまったので徹夜しました。若い頃(といっても、まだ35歳ですが)は徹夜しても、ある程度は元気に過ごせたもんですが、どんどん疲労感が増してる気がします。

徹夜した翌日の朝や昼に寝てしまった結果、夜に寝れなくなって生活が不規則になったなら分かるんだけど、徹夜した翌日は朝から頑張って起きて、昼寝もせずに夜早めに床についてぐっすり寝ました。翌朝も7時頃には起きて過ごしています。なのに…眠いし、ダルいし、やる気が起きない。しっかり寝たのに、なんでまだ眠いのよ。と考え込んでいたら、ふと原因がひらめきました。ひょっとしたら、いや多分、これしかないと思う。

『体内時計』でしょ!

徹夜をきっかけに体内時計がズレて、何らかの理由で修正できずにいる。だから日中なのに夜のようにボーっとして、体にスイッチが入らないんでしょうね。

ちなみに「1日は24時間だけど体内時計は25時間」という話を信じてたけど、あれは嘘なんだって。体内時計のズレは個人差があるけど、平均値をとると24時間10分なんだそうです。

参考:体内時計25時間はウソだった!(ナショナルジオグラフィックさんより)

シフト勤務ですとかフレックスタイムですとか、中には時間がまったく一定しない職種ですとかいろいろありますが、実は、ある人に眠りやすい時間というのはかなり固定されているんです。非常に宵っ張り型の人から早寝早起き型の人まで、ほぼ遺伝的に決定されてるものなんですよ。体内時計に関係することでその体内時計自体、遺伝子によってかなりきちんと制御されていると分かっているんです。横綱、関脇級に大きな影響がある遺伝子が10と幾つか特定できていまして。ほら、私達の中で体内時計はよく25時間とかいわれてますでしょう。でも、あれは嘘なんですよ。

体内時計の1日の周期の平均は、実は24時間10分(※)で、24時間にかなり近いんです。ただ、これも平均より長い人も短い人もいて、やはり正規分布しています。

体内時計にズレがあって、しかも遺伝子的に生まれ持った個人差があることで、

  • 睡眠不足に強くて夜勤向き(体内時計が長い)
  • 朝からバリバリ働ける(体内時計が短い)

など働き方にも向き不向きが出てくるらしい。これを見ると、体内時計が短い(ほぼ24時間)人って夜になると眠くてしょうがないから、看護師さんとかの不規則な時間帯に働く仕事ってしんどいよね。

我が家でいうと、僕と娘は体内時計が長いと思う。ちなみに僕の母親はずっと看護師を続けているので、きっと母も体内時計が長いタイプなのかも。逆に妻と息子2人が夜になるとすぐ眠くなるのを見ていると、きっと体内時計が短いんでしょうね。妻が徹夜してるとこなんて見たことないし、そもそも本人も眠くなって絶対に無理と言ってる。

逆に僕は徹夜なんて簡単だけど、体内時計を戻すのが大変。で、本題の体内時計を自然界の24時間に戻す方法だけど、これは一つしかないみたい。それは、

朝、日光を30分程度でいいので浴びること。

これによって体内時計がグググッと巻き戻されるらしく、夜になると自然と眠くなるらしい。僕と同じように体内時計が長いと思われる娘の寝付きが悪いのが、遊び足りないのか、保育園で午睡をするからなのか、とか考えていたけれど、ひょっとしたら朝食を食べた後にでも一緒に散歩するだけで改善されるかも。

そういえば、これまで朝に娘と散歩したことがあったけど、その日は寝付きが良かったような気がする。そうか、朝の散歩かー。ダイエットにもいいし、始めてみようかな。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top