Read Article

成都陳麻婆豆腐の素(ヤマムロ)は中華料理屋に行く機会が激減する

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20150807-1

まさか、こんなに本格的だとは思わなかった。

中華料理屋に行けば必ず注文する麻婆豆腐。唐辛子と花椒(中華山椒)をガツンと使った、辛くてシビれる麻辣な中華料理がとにかく好きで、東京にいた頃は池袋の楊さんの汁なし担々麺で悶絶してました。

自宅で本格的な麻婆豆腐が食べられればなー、と思っていたら見つけたのが成都陳麻婆豆腐の素(ヤマムロ)です。中身はこんな調味料と花椒(中華山椒)が4セット入ってるだけで、本当にこれで美味しい麻婆豆腐が作れるのか心配になります。

20150807-6

作り方も、いたってシンプル。

20150807-7

書かれたとおりに、ひき肉とネギをごま油で炒めてみます。

20150807-2

いい感じに炒めたら、水と調味料を投入。

20150807-3

さいの目に切った豆腐を入れて、

20150807-4

水溶き片栗粉を入れて、盛ったら完成です。

20150807-5

お好みで添付の花椒(中華山椒)を入れます。もちろん、1袋全部入れました。ご飯にのせていただいたのですが、言葉を失うほど夢中で食べて、汗ダクになりました。こりゃーやばいです。めちゃくちゃ旨いです。

息子たちも「辛っ!でも、うまっ!」って言いながら、ハフハフ食べてましたよ。

なくなったら、また注文します。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top