Read Article

今年は「はだしのゲン」を家族で見て戦争を受け止めました

この日記を書いた人

Hiro Takayama
遊んでいる気になれる便利な都市(福岡・東京・横浜)で33年ほど生活したあと、もっと効率よく幸せになるために、生活のスペックを落とすことで生まれる不便を自分なりに遊ぶ人生に切り替えました。子育て、料理、アウトドア、バードウォッチングetc...ただいま遊びを勉強中!

20150806

広島原爆から70年。

今年は「はだしのゲン1(アニメ)」を家族で見ました。目を覆いたくなる描写はありますが、70年前の子どもたちが直視した現実を息子たちも受け止め、戦争を忘れずに成長してほしいと願っています。

  

戦争を学べるほど平和な日々を幸せに思います。

Return Top