Read Article

ジメジメ畳のカビ対策にオスバンSが効く!

この日記を書いた人

Mika Takayama
1975年生。独身時代に稼いだお金で家も買わずに起業資金へ。自然が豊かな環境で子育てするために鹿児島へ移住しました。家族生活を中心にしながらブログ通販で生計を立てています。

P1100904
今年の鹿児島の梅雨はすごかった!雨、雨、雨、やっぱり雨。。。

毎日これでもかと言うくらいの雨が降った。6月一ヶ月で1300mmも降ったらしいです。引っ越して2年目で新しい畳との付き合いも2年になるけど、今年初めて畳にカビが発生した(>_<) 畳にカビが生えるなんて知らなかった私は、最初は気づきませんでした。何か畳がべた付くなぁ位で、とりあえず除湿機を稼動していた。

それから一週間後。。。???何だこの緑の絨毯は?と発生してびっくり(*_*)それこそが畳カビだった。 あわてて家にあった消毒用エタノールをスプレーして乾ぶきしたけど、カビが広範囲だったのであっという間にエタノールがなくなってしまった。カビは何とか退治できたかもとホッとしていた一週間後くらいにまた緑の絨毯が~(>_<)

消毒用エタノールを購入するためネット検索。
しかし、結構なお値段がするので買うのを躊躇しつつさらに調べていたところ「オスバンS」にたどり着いた。消毒用エタノールと同じ位の値段だけど、こちらは薄めて使うので割安です。

色々な方の意見を参考に100倍に薄めてカビにたっぷりスプレー。5~10分くらいおいてまずは使い古しの歯ブラシでカビを掃きだし、掃除機を手に持ち、排気口の部分を窓に向けカビを吸い取る。キレイになった畳にオスバンを全体に吹きかけて自然乾燥で終了。
雨が降り続いても再びカビが発生することなく快適に過ごしてます(^^)

今回畳カビについて色々調べた結果学んだことをまとめると。
①梅雨や夏場の湿気が多い時期は掃除機をこまめにかける。カビの栄養源は家のホコリたち(>_<)きっと洗濯物を部屋干しすることによりホコリが溜まっていったんだと思います。あー気づかなかった~。
→掃除機をすることにより畳に溜まった湿気も吸い取ってくれる。

②カビが生えてしまった時にはいきなり掃除機をかけない。

→カビが部屋中にまうから。

③雨が降り続いた後の少しの晴れ間は窓を開けない。
→外の湿気を更に吸収するから。

④消毒スプレーの後ふき取る際は、畳の隙間にカビを入れ込まないように注意する。

⑤電気代は気になるが、湿気が多い梅雨時や夏場はエアコン(冷房か除湿)を入れる。

この日記を書いた人

Mika Takayama
Mika Takayama
1975年生。独身時代に稼いだお金で家も買わずに起業資金へ。自然が豊かな環境で子育てするために鹿児島へ移住しました。家族生活を中心にしながらブログ通販で生計を立てています。
Return Top