Read Article

息子がケガしたのでワセリン&ハイドロコロイドで処置した話。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20150722-1

息子がマメが潰れて痛がっていたので、湿潤療法(モイストヒーリング)で処置してみました。

ケガしたら消毒液を塗って早く乾燥させなきゃ!って未だに思っている人いません?僕もちょっと前までそう思ってて、ケガしたら乾燥させて、カサブタができたら「おっ、治ってきたな。」と勘違いしてました。まさか、それが逆効果だなんて知らず・・・。

参考:傷口・火傷は消毒液より、ワセリン&ハイドロコロイドかな。

詳細は上記リンクを見ていただくとして、ケガしたときは乾燥させるのではなく、いかに湿った状態を維持するかが重要です。そのために常備しているのが、ワセリンとハイドロコロイド包帯です。上の写真がそれです。

使い方は、ケガしたところにワセリンを塗って保湿して、ハイドロコロイドを貼るだけ。めちゃくちゃ簡単です。塗りすぎるとヌルヌルすべってハイドロコロイドが肌にくっつかなくなるのでご注意を。

20150722-2

ケガした部分だけワセリンを塗ったら、ハイドロコロイド包帯を適度なサイズに切ります。

20150722-3

こんな感じのビヨーンと伸びる幕を紙からはがします。

20150722-4

これを傷口を覆うようにピタッとはるだけ。

20150722-5

ワセリン塗ってハイドロコロイドを貼った瞬間、痛みがなくなったようで息子の表情が笑顔に変わりました。傷口が痛いのは空気に触れるからだそうで、こうやって空気を遮断して湿潤させるだけで痛みが大幅に軽減されます。

翌朝、ハイドロコロイドをはがして洗浄して、もう一度おなじ処置をしようと思ったんですが、「ぜんぜん痛くなくないから、しなくていい。」と息子から断られました(笑)。子どもの回復力は凄いとはいえ、一晩でそこまで回復するなんて。ワセリン&ハイドロコロイドがもたらす治癒力は凄い!

我が家の常備薬です。

 

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top