Read Article

なんで野菜ジュースって、糖質(糖類)表示をごまかすんだろう。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20150715

最近、野菜ジュースの糖質(糖類)表示が気になってしょうがないです。

WHO(世界保健機関)は現在、生活習慣病(糖尿病、高血圧など)の原因になる肥満が世界的に問題になっているので、糖質摂取について勧告しています。要は、ショ糖や果糖などの糖類を1日25g以下に抑えましょうということ。

参考:WHO calls on countries to reduce sugars intake among adults and children

糖質と糖類の違いについて

野菜を楽に補える野菜ジュースって本当に便利なんだけど、いつも独特の甘さが気になるんだよなー。

青汁の場合、糖類(特に麦芽糖)や糖質(デンプンや人工甘味料など)をたっぷり入れて「子供でも飲みやすい!」なんていう消費者を馬鹿にしたような真似するのが当たり前の世界。ほとんど糖質なんだから飲みやすいに決まってるでしょ、っていう・・・残念だけど、それが現実(だから飲みやすい無添加にこだわってるんだけど)です。

野菜ジュースの場合は、野菜汁(あるいは果汁含めて)100%なので一般的な青汁みたいに糖質添加してないけど、飲みやすくするために糖質の多い野菜や果物を多用してるから、糖質、特にショ糖や果糖などの糖類がどれくらい含まれてるのか心配になるんです。

だけど、市販されてる野菜ジュースって糖質量しか書いてない場合が多いよね。中にはショ糖の量だけしか開示してなかったり。なんで果糖なども含めて「糖類として何g含まれてるか」書かないのか疑問です。

この辺は生協がしっかりしていて、できるだけ糖類表示をしてくれています。この辺、やっぱり生協さん凄いなーと思います。で、生協さんの野菜ジュースを確認してみると、

  • ミックスキャロット:1本200mlあたりショ糖4.9g、果糖・ぶどう糖10.3g
  • 野菜がおいしい(1日分):1本200mlあたりショ糖4.7g、果糖・ぶどう糖6.6g
  • 4種の果実で野菜がおいしい(1日分):1本200mlあたりショ糖6.9g、果糖・ぶどう糖8.9g

といった具合に1本200mlあたりの糖類は11.3g〜15.8gとなっていて、野菜ジュース1本飲むだけでWHO勧告の糖類1日25gの半分も摂ってしまいます。きっと市販の野菜ジュースもこれ位の量が入ってるんでしょうね。

カゴメさんとか、野菜ジュースは砂糖不使用だし、糖質量はご飯やうどんより少ないんだよ!(参考:野菜ジュースは糖分が高いの?)って宣伝してるけど、問題になってるのは野菜ジュースに含まれる糖類(ショ糖・果糖など)なんですけど・・・。砂糖使ってないからなに?とも思うし、ご飯やうどんの糖質ってデンプン(多糖類)主体で、野菜ジュースの糖質は糖類主体でしょ。

それに比べて生協さんは、野菜ジュースを販売しながらも、野菜ジュースの注意喚起もしています(参考:野菜ジュースを飲んでも野菜を食べた代わりにはなりません)。

やっぱりね、野菜の栄養を摂るなら「ちょらの青汁」だよ。1杯あたりの糖質量0.89g(数値が低いので糖類の量まで調べていませんが)だし。宣伝になって申し訳ないけどさ。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top