Read Article

通販売上No.1!天然アルカリ温泉水「財宝温泉」を試す!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

P1100495

通販売上9年連続No.1らしい財宝温泉20Lを買ってみました。

バッグインボックスだと、飲み終わるたびにノズル(注水口)も捨てるのでバイオフィルム(雑記の集まり)の心配も減るし、ひねるだけで勢いよく水が出るので浄水器のように待たされることもありません。

前回:バッグインボックスなら超軟水のアルカリ温泉水でしょ!
参考:旨い水を求めてウォーターサーバー&浄水器(整水器)比較!

実は「手軽に美味しい水」を飲むならバッグインボックスが一番じゃないの?と思うようになって、名前だけは知っていた財宝温泉の水を試しに買ってみました。財宝温泉の天然水の特徴は以下のとおりです。

1.鹿児島県垂水市の地下1,000mから湧き出る天然水
2.pH8.9の弱アルカリ性
3.硬度4(mg/L)の超軟水

実際に飲んでみると、ただの水にしか感じない時もあれば、まろやかで甘みすら感じる時もあって、そのときの体調とかで味が変わるような気がしました。一つ確実に言えるのは、この水を飲んだ後に水道水を飲むと明らかに違ったこと。明らかに水道水の方がマズイです。

また、財宝温泉の水は超軟水のため、お茶をいれる際には注意が必要らしいです。

20150629-2

(写真:財宝温泉より)

超軟水ということはつまり不純物(ミネラル)がゼロに近いので、茶葉の成分が溶け出やすいらしく、いつもの茶葉量と抽出時間でいれてしまうと味が濃くなってしまうんだとか。茶葉量も抽出時間も少なめで丁度いいようです。

気になったのは、最初は大丈夫だったのに飲み続けるほどに、注いだ後にノズル(注水口)から水が滴り落ちることがありました。

P1100497

ポタっと雫が落ちる時があって、床を拭くのがとっても面倒くさい。

注ぐためには手前に置く必要があるけど、油断すると雫が落ちるし、いちいち「落ちるかも!」って気にしながら注ぐようになってきてストレスです。バッグインボックスを利用してる方って、この辺どんな工夫されてるんだろう。あと20Lを注文したけど重すぎました。女性だと20Lを毎回持ち上げるのって無理でしょ。10Lのバッグインボックスもあるので、日常的に利用するならそっちかな。

それと飲むだけではなくて洗顔にも使ったんですが良かったです。温泉に入ったあとのお肌のようにツルツルになりました。「超軟水+アルカリ性」という美肌の湯に特徴的な水質なのでツルツルしたんだと思います。もっとpHの高いアルカリ性の超軟水もあったので、次回その水も試してみます。

次回:飲む温泉「観音温泉水」は甘みがあって美味しいのになぁ。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top