Read Article

ウォーターサーバー選ぶならガロンとワンウェイどっち?

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

20150618

もっと手軽に美味しくて安心できる水を飲みたい!

前回で思ったのは、ウォーターサーバーは天然水でもRO水でも大して変わらないので水の質で選ぶ必要はないかな、ということ。それよりも、もっと気になることが出てきました。

前回:ウォーターサーバー、天然水とRO逆浸透膜ろ過の違いとは?
参考:旨い水を求めてウォーターサーバー&浄水器(整水器)比較!

それが、「ガロンボトル方式」のウォーターサーバー。ガロンボトルって、要はこういうものです。

20150618-2

このガロンボトル方式のウォーターサーバーは、水を飲みきったら業者の方が新しい水と交換に引き取りにきてくれます。引き取られたガロンボトルは中身を洗浄して再利用されます。このタイプはRO水を利用したウォーターサーバーに多い方式で、ワンウェイ方式(詳細はのちほど)に比べて毎月1,000~1,500円ほど安く抑えられるようです(利用量が多ければもっと安く抑えられます)。

ウォーターサーバーで提供している水は天然水もRO水も、そんなに水の質に違いを感じられないので、より安く抑えられるRO水・ガロンボトル方式のウォーターサーバーの方が良いように思います。でも、このガロンボトル。利用したことがある方はご存知ですが、水を出す度に「ゴボゴボ」と音がでます。

つまり、お部屋の空気がボトル内に侵入しているということ。

ウォーターサーバーについて調べていると、ガロンボトル方式だと部屋の雑菌がボトル内に入るから不衛生だとか、いやいやガロンボトル方式でもフィルターなどで雑菌が繁殖しにくい工夫がされているから大丈夫、など「菌の繁殖」についての話題が多いです。でも、正直、菌よりも気になることがあります。

もし愛煙家の部屋で使われたボトルだったら、タバコの煙がボトル内に入ってるってことでしょ。愛煙家でも、他人のタバコ臭に不快感を示すほどのタバコの煙。タバコを吸いながら水を出してたら、口から出たタバコの煙がゴボゴボと中に入ってますよね。いくら再利用時に洗浄するといってもねぇ・・・、ちょっと無理だな。

ガロンボトル方式だと、ヘビースモーカーのお家で使われたボトルが来るかもしれないって思うだけでも、ちょっと厳しいです。うちは子どもも利用しますし。そう考えると、ウォーターサーバーを利用するなら少し高くてもワンウェイ方式かな。ちなみに、ワンウェイ方式のボトルはこんな感じです。

写真:いえすい(西日本鉄道)さんより

写真:いえすい(西日本鉄道)さんより

水がなくなったらペットボトルのゴミとして廃棄するだけです。ワンウェイ方式とは、ガロンボトルのように業者が引き取りに来るのではなくて、定期的にボトルを送ってもらうだけ(One way)ということ。これなら安心して、より衛生的に使えます。

そこで、次回はワンウェイ方式のウォーターサーバーを比較検討して絞り込んでいきます。

次回:ワンウェイ式ウォーターサーバー比較して4社に絞り込んだ!

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top