Read Article

乳酸菌入り青汁なら野菜不足も便秘解消にも効果あり!?

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s

「ちょらの青汁」には乳酸菌は入っていないの?

という質問を受けることがあります。乳酸菌による便秘解消効果を期待しての問い合わせだと思いますが、果たして本当に青汁に乳酸菌は必要なのでしょうか?青汁に乳酸菌を入れたほうが健康増進に役立つのであれば「乳酸菌入りの青汁にリニューアルしたい!」と思って、乳酸菌入り青汁について調べてみました。

市販されている乳酸菌入り青汁を調査

ざっと「乳酸菌」を売りにしている有名な青汁を調べてみました。

  • アサヒ緑健「緑効青汁」・・・1杯あたりの乳酸菌量「不明」
  • 世田谷自然食品「乳酸菌が入った青汁」・・・1杯あたりの乳酸菌量「100億個」
  • DHC「よくばり青汁」・・・1杯あたりの乳酸菌量「400億個」

乳酸菌量だけを基準に比べると、『DHC>世田谷自然食品>アサヒ緑健』といったところでしょうか。特にDHCよくばり青汁は1杯に400億個も乳酸菌が入っていて、これはヨーグルト400gに相当します。

青汁1杯飲むだけでヨーグルト400gの乳酸菌が補えるなんて便利ですよね。やっぱり乳酸菌入りの青汁っていいなーと思ってリニューアルも検討したのですが、一つ問題が発生。それは、

「乳酸菌を配合すると無添加にできない。」

そうなんです。乳酸菌入り青汁は必ず添加物を使ってしまう。そうなると「徹底的に添加物を除去しました!」と主張できなくなるんだよなー。だったら割りきって添加物で青汁を薄めて原価を抑えないと、ってなります。だって50~70%を添加物で薄めた青汁なんて普通なんだから、無添加へのこだわりを主張できないなら添加物を使用しないと勝負になりません。

上記3製品の原材料を見たら、やっぱり「麦芽糖」「デキストリン」「プルラン」とかの添加物を使ってるんですよね。

乳酸菌か、無添加か。

青汁本来の目的って、野菜不足を補うことだと考えています(参考:初めて「青汁 効果」で検索したら凄い効能ばかりで驚いた!)。

そう考えると、現在主流の添加物を多用して薄まった青汁って本末転倒に見えてしまいます。添加物を徹底的に除去した濃い青汁をご紹介しているのも、そうした背景があるから。でも乳酸菌を配合して添加物使用を認めると、添加物使用を前提にした土俵での競争を強いられてしまって、ますます青汁本来の姿から離れてしまう。

そんなこと考えていると、わざわざ青汁に乳酸菌を加える必要はないように思います。

どうしても「青汁+乳酸菌」を求めるなら、濃い青汁とは別に乳酸菌商品を組み合わせたほうがコストパフォーマンスは良い気がしてなりません。

そもそも乳酸菌は不足しているの?

もうひとつ気がついたのは、ひょっとして乳酸菌不足って案外簡単に解消されるかもしれないってこと。

代表的な乳酸菌食品といえばヨーグルトや乳酸菌飲料で、便秘解消のために活用している方も多いと思います。でも調べていると、実は身近な食品にも乳酸菌がいっぱい住んでいることが分かりました。

それが「お漬物」です。

漬物の乳酸菌叢に関する検討(日本食品微生物学会雑誌 Jpn. J. Food Microbiol., 18(2), 61-66, 2001)※PDFへリンク」を見ると、市販されているお漬物の乳酸菌数を調査した結果、

  • 白菜漬け・・・1300万~5億個/1gあたり
  • キュウリのぬか漬け・・・4万~6500万個/1gあたり
  • キムチ・・・2万~2.1億個/1gあたり

白菜漬け小鉢50g(イメージはこちら)あたり乳酸菌6.5~200億個も補えるなんて意外じゃないですか?200億個なんてヨーグルトに換算したら200g相当です。気になる塩分も小鉢50gだったら1g程度(ラーメン1杯は塩分6g前後)で心配ありません。

P1100334そんなこと調べていたら無性にお漬物が食べたくなって、冷蔵庫にあったキムチ50gと一緒に青汁をゴクリ。これだけで乳酸菌100億個近く補えてたらと思うと嬉しいですね。

和食の際はお漬物、洋食のときはヨーグルトを合わせたり、乳酸菌ってちょっとした心がけで足りてたりして。しかもお漬物なら野菜のビタミン・ミネラル、ヨーグルトなら牛乳由来のビタミン・ミネラルなどの微量栄養素も合わせて補えるので、便秘解消への相乗効果はもちろん、健康面でも乳酸菌だけ補うより良いですよね。

乳酸菌のために濃さを犠牲にして野菜不足解消から遠ざかる青汁よりも、濃い青汁に乳酸菌食品を取り入れる方がコストパフォーマンスはいい気がしてならず、乳酸菌入り青汁の商品化は見送ることになりました。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top