Read Article

人間ドッグ(定期検診)を受けない方が長生きなんて、本気なの?

20151124-1

予防医療は重要だと思うけどな。

参考:人間ドック受けないほうが長生き、は本当?乳がん検診でも死亡率変わらない?

たとえば、乳がんの早期検査であるマンモグラフィーという、乳腺の特殊なX線撮影が必要かということを調べた研究があります。カナダの研究で約9万人の40歳から59歳までの女性を、くじ引きで毎年マンモグラフィーを受けるグループと受けないグループに分けたところ、なんと25年間の経過観察において死亡率に差がありませんでした。

カナダではマンモグラフィー検査を受けても乳がん死亡率に影響がなく、しかも乳がんと診断された内、過剰診断だった(乳がんでもないのに乳がんと診断される)方が22%もいたりして、少なくとも40歳代にはマンモグラフィーは不要だと結論付けたみたいですね。同様にスイス医療委員会や国際的な医学誌でも同様の見解に至っていたりと、マンモグラフィー不要論は世界的な流れなんでしょうか。

日本ではつい最近、マンモグラフィーと超音波検査を一緒に行うことで乳がん発見率が上がった(参考:超音波併用で発見率1.5倍に 乳がん検診全国大規模調査で判明)という話があったけど、超音波検査って過剰診断(異常がないのに異常と判断)されやすいって聞くので、乳がん発見率が1.5倍増えたうちの過剰診断がどれほどの割合だったか気になります。死亡率の変化は今後の調査次第らしいので、有用性の判断は持ち越しという感じなんでしょうね。

だけど、そういう事例があっても人間ドックや健康診断は絶対に受診しないといけないでしょ。例えば胃がん原因の90%はピロリ菌なので検査必須だし、肝臓がんの主要原因は肝炎で新薬も開発されているから肝炎ウイルス検査もやらないと。医療技術や検査技術は確実に進歩しているわけだから、健康で長生きするためにも予防医療は増々重要だと思うけれど。

きっと「長生きするためには人間ドックや定期検診なんか必要ない」という方は、実際にガンなどの病気を患ってしまったら「これが私の運命」と開き直って死を迎えるのでしょうね。適切に予防していればもっと健康に長生きできた可能性もあるのに。

その他のお知らせ

Return Top