Read Article

【喫煙】タバコは吸い始めたが最後、禁煙しても糖尿病リスク激増!?

20151104-1

せっかく禁煙しても・・・。

参考:喫煙で糖尿病が増加?受動喫煙の影響は?

現在喫煙している、以前に喫煙歴がある、または受動喫煙のある人は、ない人よりも1.14から1.37倍糖尿病が多かったことを示しています。

健康のために禁煙する人は多いと思うけど、例えタバコをやめても糖尿病リスクは元には戻らないなら、努力するだけ無駄だってことですよね。ほかに禁煙と糖尿病に関する情報はないのかなーと思って調べたら、こんなデータがありました。

禁煙後の糖尿病リスクについて

日本人6万人を対象に5年間追跡調査した結果によると、禁煙後5年以内は糖尿病リスクが非喫煙者に比べて1.41倍も高い上に、喫煙時に吸っていたタバコの本数が多ければ多いほど、糖尿病リスクは高い傾向にあったそうです。

20151104-2

禁煙したから安心するわけではなくて、禁煙後5年以内は糖尿病を意識した生活を送った方がよさそうですね。それにしても、禁煙して10年以降は逆に非喫煙者よりも糖尿病発症リスクが下がるなんて意外です。

参考までに、女性の喫煙者は男性よりも糖尿病になりやすいみたいです。

20151104-3

禁煙するなら健康なうちにやったほうがよさそうですね。

その他のお知らせ

Return Top