Read Article

【外食】吉野家さん「こんにゃく米の牛丼」とか開発してくれないかな。

photo by Yusuke Kawasaki

photo by Yusuke Kawasaki

 

美味しい牛丼を健康食に。

参考:吉野家で健康&美しく! 牛丼の知られざるパワー【ずっとキレイでいる食事】

どの牛丼チェーン店も、「健康・美容」を意識したメニューを続々と発表していて、「安さ」・「おいしさ」に次ぐ第三のキーワードとなっているんです。そうです、牛丼が、「安くておいしい美容メシ」になる時代がやってきました!

ちょらの青汁バナー

日本人は昔から狩猟で獣肉は食べてきたし、牛肉や豚肉といった動物性脂肪はもっと食べても大丈夫だと思うんだよね。それよりも注意したいのは、糖質(炭水化物)でしょう。日本人の肥満や糖尿病の根本原因は、朝昼晩、精白した米の食べ過ぎじゃない?

米農家票を狙った政治活動とか本当やめてほしいよね。

「健康な食事」マークは個別商品に使わず…「白米の消費に影響しかねない」などの懸念の声受け

裏を返せば「白米は不健康」と言っているようなもんだから面白いけどさ。

白米の代わりに「こんにゃく米」とかも販売されてるけど、価格が高すぎるんですよ。吉野家さんが「糖質80%削減!こんにゃく米の牛丼」とか商品開発してくれないかなー。健康意識は高まってるから高くても食べたいし、たくさん作ってコストも下がるだろうし。

こんにゃく米が白米と同じくらいの価格帯になってくればなー。群馬利権(福田、中曽根、小渕ら元総理の選挙区)で、こんにゃく芋(群馬で75%生産)の関税率が高止まりしてるのが「こんにゃく米」が安くならない理由だったりするのかな。

その他のお知らせ

Return Top