Read Article

【食中毒】正しい手洗いしてますか?これから増えるノロウイルスを未然に防げ!

20151004-1

サボったら、迷惑するのは周りの人々。

参考:秋から冬の食中毒対策に!汚れをしっかり落とす「手洗い」のコツ

秋から冬にかけては、ノロウイルスによる食中毒が気になる時期ですね。特に今年は新型のノロウイルスが流行するおそれがあるとも言われています。厚生労働省が感染予防のポイントの一つに「手洗い」をあげているように、ウイルスを体の中に入れないために、普段より丁寧に手を洗うことが重要です。

1.手を洗っても汚れが残りやすい部分は「指先」「指と指の間」「手首」
2.正しい手の洗い方でキチンと手を洗うと最低30秒は必要
3.水だけでは不十分。ハンドソープを使った手洗いが大切!
4.手洗いは適切なタイミング(調理前後、食事前、トイレ後、帰宅時など)で!

食中毒のピークは8月~10月で、夏から秋にかけて気をつけたい病気ですが、

ノロウイルスに限って言えば、11月~1月かけてが患者数が最も増える時期です。

感染してから24~48時間で発症するノロウイルス、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、軽い発熱を伴います。こうした症状が1~2日続いた後に回復して後遺症もありません。しかし、免疫力の低い子どもや年配の方々にとっては死亡するリスクもあるウイルスのため、感染を抑えるためにもしっかり手洗いしたいですね。過去にはこんな、死亡事例や大規模感染が起きています。

手洗い方法をしっかり確認して、これからの季節を迎えましょう。

その他のお知らせ

Return Top